>  >  > 佐久間正英が手掛けたインディーバンド

アンドロメルト『子供と動物』

佐久間正英が初めてプロデュースしたインディーバンド 改名して全国流通盤リリースへ

関連タグ
インディーズ
ラウドロック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽プロデューサーの故・佐久間正英氏が生前、個人的に気に入り、インディーズバンドとしては初めてプロデュースしたロックバンド・否[i-na]。バンド名を「アンドロメルト」に改名した彼らが、同氏と共に2011年11月~2013年4月の間に作り上げた楽曲を中心としたアルバム『子供と動物』を全国流通盤として8月6日にリリースすることを発表した。

 ボーカルの青木凛は、これまでにギタリストの斎藤律(LOOPUS、ex.ザ・スターリン)やキーボード奏者のDIE(hide with Spread Beaver)が率いるバンド・Minimum Rocketsでボーカルを務めたり、三上ちさこ(ex.fra-foa)のライブにキーボードで参加していた。また、ギターの林田憲和は、曽根巧(Superfly)に師事しており、ドラムの中村康伸は、楽器メーカーのローランドが開催するコンテスト『V-Drums World Championship 日本大会』で、2年連続ファイナリストに選出され、『Roland V-Drums』のデモンストレーターとしても活躍している。

2014/8/6 release、アンドロメルト『子供と動物』trailer

 Youtubeではトレーラー映像も公開されているため、同映像をまずはチェックしたい。
■リリース情報
『子供と動物』
発売:2014年8月6日
価格:¥1,800(税別)

<収録内容>
1.イナズママテリアル
2.ペリドット
3.さよならスパイダー
4.空中ゼラニウム
5.カラカラ
6.マジカルパウダー
7.レスキューインフェルノ
8.アンガージュマン

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版