>  >  > AKB48が男装でカッコよくなる?

AKB48メンバーが男装でカッコよさを競う 島崎遥香「まゆゆさんは男装の才能がある」

関連タグ
AKBINGO
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』の6月4日放送分で、AKB48のメンバーが男装し、カッコよさを競う企画「No.1イケメンガール頂上決戦!! DANSO甲子園」が放送された。

 冒頭、小嶋菜月が「AKB48に入る前、テレビで見てたんです! 憧れのDANSO甲子園!」と、憧れの企画であったことを明かした。続いて”大人AKB”の塚本まり子は「男装ちょっとやってみたい」と男装願望を語ると、MCのバッドボーイズ清人が「そんなこと言ったら『AKBINGO!』はボロ雑巾のようにしますよ」と注意し、スタジオを沸かせた。

 1番目に登場した阿部マリアは、相手役に「知らない人と結婚する前夜の王女」として島崎遥香を用意。黒いタキシードにシルクハット、マントを羽織った「怪盗紳士」の格好で登場し、彼女の前に現れた阿部は「その運命、変えて差し上げましょうか? その指輪と一緒に、お前の心も奪ってやろうか?」と語り、スタジオのメンバーをメロメロにさせた。大島涼花「ぱるる(島崎)さんの腰に手を回す仕草がヤバい」、小嶋真子「アゴに手を当ててキスして欲しかった」と、6点を獲得した。

 2番手は高橋朱里。恋人役に橋本耀を用意し、和服を身に纏った「文学男子」を演じた。「人間は恋と革命の為に生まれてきた。そして僕は君の為に生まれてきた」と語り、橋本を抱きしめる演技をしたが、スタジオはなぜか呆れ顔。小笠原茉由は「手が短い」とバッサリ切り捨て、1点の評価を獲得した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版