>  >  > ジャニーズJr.のナンバー1は?

A.B.C.-Zが新たな才能を発掘 100人のジャニーズJr.からナンバー1に選ばれたのは?

関連タグ
JPOP
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズJr.の中でナンバー1を決定する特別番組『ファイト!YOUたち~ジャニーズJr.ナンバー1決定戦~』(TBS)が、5月17日15時より放送された。

 同番組は、9歳から21歳までのジャニーズJr.総勢100人が、ジャニーズタレントにとって大切な表現力、体力、トーク力、歌唱力を競い合うという内容で、優勝者には一日限りのソロライブをプレゼントされる。審査員は、現在人気上昇中のA.B.C.-Zらが務め、Jr.メンバーたちの資質をジャッジする。

 まず行われたのは、表現力審査。ジャニーズきってのダンスの達人である、五関晃一が振り付けた課題ダンスを、より表現豊かに踊ったものが次のステージへと進出できる。審査員にはジャニーズの振り付け師でもあるJOJOも加わり、Jr.メンバーたちは彼らにアピールするため必死に踊った。審査基準にはダンスの技術だけではなく、表情なども加味され、松倉海斗、高橋颯、髙橋海人ら、総勢21名が選出された。

 続いては体力審査。審査員はアクロバットを得意とする塚田僚一が務め、30メートル走を行うことに。塚田はお手本として、30メートルをバック転のみで完走し「これができなかったら失格」と宣言。Jr.たちを凍り付かせるが、A.B.C.-Zメンバーに「お前しかできねーよ」とたしなめられた。実際には、まず全員が30メートルを走り抜き、次回タイムで自分の記録を上回ったものだけが合格というルールとなった。ジャニーズでは、自分の限界を越えることがスターの条件とされていることから、このようなルールが制定されたとのこと。この審査では合格者が10人まで絞られ、中には関西Jr.のメンバーである平野紫耀らも選ばれた。

 トーク力審査では、A.B.C.-Zのバラエティ担当・戸塚祥太と、お笑い芸人であるフォーリンラブのバービーが審査員を務める。お題は「写真でひとこと」で、与えられた写真に対し、いかに面白いコメントができるかが競われる。最初の写真は、戸塚と塚田が取っ組み合いのケンカをしているもので、その原因をJr.たちが考察。「塚田くんが戸塚くんのお母さんに色目を使った」「塚田くんのワキが臭かったから」などの珍回答が続出した。結果として、永瀬廉、川崎皇輝、岡本カウアン、平野紫耀、髙橋海人の5名が最終審査に進むことに。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版