>  >  > A.B.C.-Z、下ネタ路線の狙いは?

A.B.C-Z「下ネタ路線」の狙いとは 童貞ドラマでアイドルの新境地開くか?

関連タグ
JPOP
アイドル
ジャニーズ
ジャニ子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.B.C-Zの多方面での活躍が目立っている。ジャニーズの歴史をひも解くA.B.C-Z主演の舞台『ジャニーズ伝説』が5月9日、東京・日生劇場で初日を迎えた。また、昨年の舞台は映像作品『ABC座2013 ジャニーズ伝説(The Digest)』として、6月25日にリリースされることが決定している。6月21日からはメンバーが初主演を務める連続ドラマ『魔法★男子チェリーズ』(テレビ東京)もスタート。同ドラマでは彼らにとって初タイアップとなる主題歌も担当している。

 ジャニーズとしては初となる“DVDデビュー”という形で世に出た彼ら。Jr.時代が長かった彼らは、アイドルとして年齢的に若いとは言えないものの、たしかなスキルに裏打ちされたアクロバティックを得意としており、近頃人気が上昇している。

 しかしながら、6月よりスタートする『魔法★男子チェリーズ』は、「30歳まで童貞であると魔法使いになれる」という都市伝説をもとに創作した下ネタ満載のドラマで、ジャニーズとしてはかなり思い切った方向性に驚くファンの声も少なくない。

 同グループの“三枚目路線”とも言うべきメディア戦略について、ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターのジャニ子氏は次のように分析する。

「A.B.C-ZとKis-My-Ft2は、そもそもジャニーズらしからぬ“体当たり感”を売りにしてきたところがあります。実際にキスマイはアイドルらしからぬ“ブサイクキャラ”を売りにすることによってブレイクしたので、A.B.C-Zに関してはその年齢でなければ許されない“エロキャラ”を打ち出していこうとしているのかもしれません。いわばバラエティアイドルの路線を突き進んでいく感じですね。これまでも彼らは『J'J A.B.C-Z オーストラリア縦断 資金0円ワーホリの旅』という、電波少年的な無茶ぶりの旅番組でメンバーの素をさらけ出し、ファンを楽しい気持ちにさせてくれました。今回のドラマ『魔法★男子チェリーズ』でエロ人気を獲得できれば、一気にブレイクする可能性もあるのではないでしょうか」

 また、ジャニーズが地上派で下ネタを打ち出して行くことに対しては「チャレンジングな姿勢」と、同氏は称する。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版