>  >  > SMAP、セカオワ、きゃりー『Mステ』共演

SMAP中居『Mステ』でセカオワに突っ込み「“NAKAI NO OWARI”みてーじゃん」

関連タグ
SMAP
アンジェラ・アキ
乃木坂46
きゃりーぱみゅぱみゅ
JPOP
アイドル
ミュージックステーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の4月11日放送回に、SMAP、アンジェラ・アキきゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARI、中山優馬、乃木坂46が出演した。

 一番手のきゃりーぱみゅぱみゅは、『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌で、自身9枚目のシングルに収録される「ファミリーパーティー」を披露。同映画の映像も交えたスペシャルバージョンのパフォーマンスを見せた。

 続いて登場したSMAPには、公開質問のコーナーで視聴者から質問が寄せられた。「朝ごはんは何を食べますか?」という質問に対し、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーだった中居正広が「(最終回の)グランドフィナーレの日は何を食べたんですか?」とタモリに質問。これに対しタモリは、当日のことを思い出し、「鯖を焼いて食べた。今日も食べたよ!ご飯は大体二口くらい」と、普段と変わらぬ食生活を送ったことを語った。次の質問は「タモリさんとどこに行きたいですか?」というもの。これに対し木村拓哉が「タモさんと行くなら、船借りよう。タモさんが船長になってくれたら面白いね。俺らは船の上で歌って」と、先日の『笑っていいとも!』最終回で披露した「ありがとう」をまた歌うことを提案。これには中居も「次は外さずに歌うから」と、意気込みを語った。続いての質問は「中居さん、歌の練習してますか?」というストレートなもの。中居はこの質問に対し、「うっせーな! 練習してました。練習した結果です」と語り、後ろで笑っていたSEKAI NO OWARIのボーカル、Fukaseに対して「おい、SEKAI NO OWARI、笑ってんじゃねーよ。“NAKAI NO OWARI”みてーじゃんかよ」と、すかさず突っ込みを入れ、スタジオが笑いに包まれた。

 三番手に登場した中山優馬と乃木坂46に対して、視聴者から寄せられた質問は「アイドルになって苦労したことは?」というもの。これに対し中山は「僕、ジャニーズに入って10年なんですけど、入った頃は手を振るのも恥ずかしかった。ファンに向かって『愛してるよ』とも言えないんです」と、SMAPに助けを求めた。このお願いに香取慎吾は「パッと言えば良いじゃん。『愛してるよ♪』」と、プロ意識の高さを見せつける形に。中山も同じように発言し、先輩から”ジャニーズの極意”を勉強する一幕となった。乃木坂46に寄せられた同質問には、松村沙友里が「食事制限ですね。普段はご飯9杯くらい食べれるんですけど」と、実は大食いであることを告白した。

 四番手には、SEKAI NO OWARIが登場。タモリから「今回の新曲のこだわりは?」と聞かれたギターのNakajinは、「今回の新曲は花火の音を使ってるので、それを聴いて頂けたら」と語り、4月9日にリリースされたシングル『炎と森のカーニバル』から、表題曲である「炎と森のカーニバル」を披露した。

 最後に、活動を休止することが決定しているアンジェラ・アキが、”音楽番組ラスト出演”と題して登場。タモリから活動休止の理由について聞かれた彼女は、「話すと長いんですけど......何年か前から、自分の音楽的能力や技術の限界を感じるようになって。だからもう一回、イチから音楽のことを勉強したいと思って」と、さらなる向上を目指したものだと説明。続けて「これからミュージカルの音楽を作ったり、自分の夢であるグラミー賞を取ることには、今の自分じゃ届かない」と、アメリカの音楽大学に通い始めた理由を語った。

 スタジオライブでは過去の映像と共に、2008年の大ヒット曲「手紙~拝啓十五の君へ~」を披露。360度全てを観客に囲まれた場所で同曲を歌い上げ、涙を見せた彼女の姿とともに番組は終了した。
(文=編集部)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版