>  >  > 福山雅治とタモリ『いいとも』で熱唱

福山雅治とタモリがバンド結成!? 『いいとも』でオリジナルのブルース曲を披露

関連タグ
福山雅治
JPOP
いいとも
シンガーソングライター
タモリ

 福山雅治が『笑っていいとも!』(フジテレビ)の3月26日放送回に出演、アコースティックギターでブルースを演奏し、タモリとともに歌った。福山の同番組出演はおよそ1年ぶりで、4月2日には新アルバム『HUMAN』の発売を控えている。

 かねてより飲み友達だという二人。タモリに「最近、飲むの?」と聴かれた福山は「ほとんど家のみですけどね」と語り、実はタモリとリリー・フランキーくらいしか酒を飲む相手がいないことを明かした。また、その理由として「気を使われることに気を使うのに疲れる」と語り、先輩といるほうが「(気を許して)少し脱いだりもできる」と、福山らしい冗談を口にした。

 リリーの50歳の誕生日会の話になると、タモリは「誕生日会っていうから行ってみたらいつものバーで、3人しかいなかった。(中略)このひとたち、本当に友達いないんだなって(笑)」と、当日の様子を語ると、福山は「いや、厳選した3人だったんです。リリーさんは最初『(誕生日)開かなくていい』って言ってたんですけど、でも50歳だし……」と、リリーに配慮した人選だったことを主張した。さらに「タモリさんに『誕生日会に来てくれますか?』と訊いたら、タモリさんから『いいとも!』って返事があって嬉しかった」と、親密なやり取りがあったことを明かした。また、当日は福山がリリーにギターをプレゼントし、タモリはそのギターの演奏に合わせて4曲を歌ったそうだ。ところが翌日、タモリはそのことをまったく覚えてなかったという。

 そこで福山は「今日は忘れないように、一曲歌っていただければと。(中略)ブルース行きますか?」と、ギターを構えた。するとタモリは「せっかくだから、二人はバンドを組んでいるということに。ここはライブ会場」といって小芝居を打ち、TMC(タモリ・雅治・クラブ)と名付けられた即席バンドでの演奏が始まった。曲名は「TMブルース」。カッティングを効かせ、いなたさを漂わせた福山のギタープレイに、しゃがれた声で、小節をたっぷりと効かせたタモリの歌声が乗る。歌詞の内容は「お前に最初に話しかけられたとき/どぎまぎどぎまぎどぎまぎしていたぜ/ちょっと引っ込み思案な俺に/お前はどんどん心を開き/話しかけてくれたね」と、二人の関係性を示したものだった。演奏が終わると、会場からは大きな拍手が起こり、福山は「いや〜、タモリさんスゴいっすね」と、そのブルージーな歌唱を称えるとともに、「でも曲はブルースだったけど、歌詞はフォークでしたね」と笑いながら指摘した。

 福山とタモリの希少な演奏が楽しめた今回の『いいとも』。明日は小泉今日子が出演する予定だ。
(文=編集部)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版