>  >  > キスマイ『Mステ』でホワイトデーを語る

Kis-My-Ft2『Mステ』でホワイトデーの思い出語る「思春期は貰うのが恥ずかしかった」

関連タグ
MAN WITH A MISSION
JUJU
E-girls
Rihwa
SKE48
JPOP
アイドル
ミュージックステーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年3月14日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に、SKE48、Rihwa、Kis-My-Ft2、E-girls、JUJU、MAN WITH A MISSIONが出演した。

 冒頭に登場したSKE48が新曲『未来とは?』を元気一杯にパフォーマンスしたあと、続いて登場したのはRihwa。「今一番泣ける曲」と女性を中心に大きな支持を集めている新曲『春風』は、「辛いときにも綺麗な景色を思い出して欲しい」というメッセージとともに作られたという。“群青色”“茜色”“桜”など、綺麗な景色をイメージできるような言葉を大切に作られた『春風』を、Rihwaはすこし緊張した面持ちではありながらも、丁寧に歌い上げた。

 3番目に登場したのはKis-My-Ft2。放送日がホワイトデーということで「ホワイトデーの思い出はありますか?」という視聴者からの質問に答えた。メンバーの藤ヶ谷太輔は3兄弟の長男で、ホワイトデーになると母親と兄弟の4人で買い物に行き、母親に「相手のことをちゃんと想って選んできなさい」と言われたという。そして玉森裕太は「思春期とかは(バレンタインデーに)貰うのが恥ずかしくて嫌で。でも親父とかに“ちゃんと貰ったら返せよ”と言われて、すっごい嫌々チャリンコをこぎながら返しに言ったのを覚えてます」と甘酸っぱいエピソードを告白。「舞祭組のメンバーはどうですか?」と司会のタモリが振ると、宮田俊哉は「僕たちチョコ貰わないんで、ホワイトデーの思い出ないですもん」と投げやりに笑い、スタジオにも笑いが起きた。

 その後、E-girlsとJUJUが登場し新曲をそれぞれ披露したあと、番組最後に登場したのは“オオカミバンド”ことMAN WITH A MISSION。全米デビューも決定しているという彼らは、最近もニューヨークとロサンゼルスでライブを行ってきたという。「海外で一番困ったことはなんですか?」と訊かれたJean- Ken Johnny(Gt、Vo)は、「オ食事デスネ。アメリカ人ハジャガイモバッカリ出スンデスヨ」と、アメリカの食生活に苦労したエピソードを語った。肉が好きで、ジャガイモはあまり食さないというオオカミたちは、実は和食も大好きだとか。特に寿司が好きだというJean- Ken Johnnyに、「オオカミは魚は食べるんですか!」とタモリも笑いが止まらない。トークの後、マンウィズは新曲『evils fall』をエモーショナルに披露した。

 アイドルからオオカミまで、バラエティー豊かなラインナップで放送された今回のミュージックステーション。人気アイドルの中に、新進気鋭の実力派アーティストやロックバンドがブッキングされることで話題を集めることが多い最近の“Mステ”だが、今後はどのようなアーティストが新たに出演していくのか楽しみだ。
(文=椎名ゆい)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版