>  >  > BUMP、ATSUSHI抑えチャート1位

石井恵梨子のチャート一刀両断!

BUMPがEXILE ATSUSHIを抑えALチャート1位 “信頼”を積み重ねて国民的バンドへ

関連タグ
BUMP OF CHICKEN
EXILE
JPOP
チャート
ロック
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BUMPOFCHICKEN_RAY_jkt-thumb.jpg

BUMP OF CHICKEN『RAY』(トイズファクトリー)

参考:2014年03月10日~2014年03月16日のCDアルバム週間ランキング(2014年03月24日付)(ORICON STYLE)

 おぉ!とびっくりした。EXILE ATSUSHIの『Music』を抑えてBUMP OF CHICKEN『RAY』が一位である。

 そもそも宣伝力が違うのだ。たとえば渋谷などを歩いていれば今月はATSUSHIの巨大広告やラッピングバスがしょっちゅう目に入ってきたが、BUMPの広告を見た記憶は、少なくとも私にはない。

 時代に則った話題性という意味でも差は歴然。奇しくもEXILEとBUMPはデビューがほぼ同じだが、ブレイクの数年後からどんどん露出を控えていったBUMPは、いまやごく一部の音楽専門誌にしか登場しなくなった。熱心な音楽ファンでなければ「え、懐かしい名前!」という反応があってもおかしくないだろう。対照的にEXILEはフィールドを拡張しまくり、いまやテレビもラジオ、一般誌も含めて完全にメディアを制した印象がある。「今チェックしておきたい注目作は」と聞かれれば、BUMPよりもEXILEとなるのが当然であろう。もちろんこれも、熱心な音楽ファンでなければ、という話だが。

 リリース日の3月12日、オリコンのデイリーランキングでATSUSHIは一位であった。約8.7万枚、在庫切れの店も続出というぶっちぎりのスタート。しかし一週間を経てみれば『Music』は173,879枚で『RAY』は182,003枚。1万枚という、この時代には非常に大きな差をもってBUMPがEXILEを上回ったのである。もう一回言いたい。おぉ!

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版