>  >  > Spotifyは音楽ビジネスをどう変える?

Spotifyが音楽ビジネスに与える衝撃 「ライブ・物販収入へのシフト」を後押しか

関連タグ
レディオヘッド
iTunes
Spotify
YouTube
北濱信哉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽ストリーミングサービスの「Spotify」が今月3日、アーティストやレコード会社向けに楽曲使用料や支払いの計算方法などを記したサイト「Spotify Artist」をオープンした。同サイトではこれまであまり語られることのなかったSpotifyのビジネスモデルが詳細に解説されている。サイト開設についてSpotifyのアーティスト・サービス担当ディレクター、マーク・ウィリアムソンは以下のように語る。「CDやiTunesなど音楽フォーマットが変化する時、異なるモデルがどのように機能するのかについて常に混乱が生じ、そして懐疑的な考えが深刻なほど広がります。私達は今、そのような不安が生まれていることを理解しています。だからこそ私達はSpotifyがどのように機能するのかについてできるだけ明確にし、透明性を維持したいのです」。

 Spotifyがこれまでブラックボックスだったビジネスモデルを開示したのは、数々のミュージシャンがそのシステムに不信感を募らせていたからに他ならない。レディオヘッドのトム・ヨークはツイッターで「君たちがSpotifyで見つけた新人アーティストには報酬が支払われていないかもしれない」と発言。またベックもアルゼンチンの新聞でのインタビューで「どうやってミュージシャンを支援していくのかについての質問を、彼らはうまくはぐらかしている。だってSpotifyからの収入では、僕のバンドのミュージシャンやレコードを一緒に作る人への支払いも出来ないからね。彼らのビジネスモデルは機能していないよ」と批判的なコメントしていた。こういった声に対しての回答、Spotifyは音楽業界の敵ではないということを表明するため「Spotify Artist」は立ち上げられたのだろう。

 では実際のところ、Spotifyからミュージシャンに支払われる金額はどれくらいの額になるのだろうか。「Spotify Artist」によるとストリーミング再生1回につき支払われる平均ロイヤリティは0.006ドルから0.0084ドルの間だと記載されている。同サイトでは「このままの速度でSpotifyが成長すれば」という条件付きで、インディーズ・ミュージシャンでも月に17000ドル(約174万円)が楽曲使用料として得られる可能性を説明しているが、あくまで条件付きの参考値、青写真にすぎない。現状の支払額は上記の通り「雀の涙」程度、極めて少ないものと言わざるを得ないだろう。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版