>  >  > 冬フェスCDJはなぜ一人勝ち?

柴那典「ロックフェス文化論」 第1回

冬フェスCOUNTDOWN JAPANが一人勝ち 人気の秘訣は「快適度」にあり

関連タグ
前田敦子
きゃりーぱみゅぱみゅ
BUMP OF CHICKEN
COUNTDOWN JAPAN
ROCK IN JAPAN FES.
フェス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月28日から31日にかけて千葉・幕張メッセ国際展示場で開催されるロックフェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 13/14」(以下CDJ)。前田敦子、きゃりーぱみゅぱみゅBUMP OF CHICKENマキシマムザホルモンなど人気のシンガーやバンドを揃えたラインナップが実現した今年は、すでにチケットも全日ソールドアウト。過去最大の170組の出演が決定し、最高動員数を記録した昨年をさらに上回る動員が見込まれている。

 なぜCDJは動員を増やし続けているのか? ここ数年のロックフェス全体の盛況については改めて言うまでもないことだが、実は、夏と冬では少し事情が違う。全国各地で様々なイベントが乱立し傾向も多様化している夏に対して、冬はCDJが完全な一人勝ちの様相を呈しているのである。

 動員数の推移を見ればその拡大傾向は一目瞭然だ。

shiba-01.jpg


shiba-02.jpg

(※出典:ロッキング・オン発行資料をもとに作成。06/07から3年間開催された「COUNTDOWN JAPAN -WEST-」は除く)

 2010年時点ではまだ当日券も発売されていたが、現在は一般発売の前に抽選が行われ、もはやチケット争奪戦の様相を示している。

 しかし、振り返ってみれば、CDJが初開催された2003年以前には、年越しカウントダウンを含む年末の複数日開催のロックフェスティバルというものは、日本には存在していなかった。もちろん、ジャニーズを筆頭に、福山雅治や浜崎あゆみなど大物アーティストのカウントダウンコンサートは定番化している。内田裕也主催の年越しフェスも40周年を迎えて健在だ。しかし、90年代以前は、そもそも会場が少ないこと、年末年始に稼働するアーティストが少なかったこともあり、若手ロックバンド勢が多く出演する大規模なフェス形式のカウントダウンイベントを開催するのは難しかった事情がある。しかし、そこに進出して「28日からの年末休みをまるまるロックフェスで過ごす」というライフスタイルを提案し、成功を収めたのがCDJなのである。そして、夏休みの各週末に分散して開催される夏フェスに対し、冬の年末休みは期間が決まっているがゆえに、「一人勝ち」の状況が必然的に生まれたということなのだ。

 では、何故CDJは人気を拡大してきたのか? 一つの理由は、いまや名実ともに日本最大級の野外フェスとなった『ROCK IN JAPAN FES.』(以下RIJ)との関連性にある。共に運営はロッキング・オン。ブッキングやラインナップの傾向も共通している。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版