>  >  > 甲本ヒロトとピーター・バラカンが対談

甲本ヒロトとピーター・バラカンが対談 敬愛する「ストーンズ」について熱く語り合う

関連タグ
Inter FM
ピーター・バラカン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131227-cro.jpg

ザ・クロマニヨンズのメンバー、甲本ヒロトは熱心なストーンズ・ファンだ。

 2006年以来の来日公演を2014年2月から3月にかけて行う“ロック界最後の大物”ザ・ローリング・ストーンズ。その来日を祝し、2013年12月28日19時より、Inter FMで『It’s Only Rock’n Roll~The Rolling Stones Special~』という特別番組が放送される。この番組で公開されるスペシャルな対談はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトとピーター・バラカン。初対面の2人が、愛するストーンズについて、熱いトークを繰り広げる。

 甲本ヒロトは言わずとしれた、日本屈指のロックヴォーカリスト。ストーンズ、ビートルズ、ザ・フーなど、60年代から70年代にかけてのロックを敬愛していることで知られ、来日する度にライブに足を運ぶなど、現在の活動にも精通している。一方のピーター・バラカンは、ロンドン生まれの音楽評論家でDJ。1960年代半ばの“スウィンギング・ロンドン”をリアルタイムで体験し、ストーンズの全盛期を知る存在だ。この2人が今回、ストーンズとの出逢い、メンバーの魅力、印象に残っているライブの話などじっくり語り合い、また各々思い入れのあるナンバーを選曲していく。2人の選曲にどんな違いがあらわれるのかも見どころのひとつだ。

 あらゆる世代の音楽ファンにとって、聞き逃せない対談となるのは間違いない。パソコン、スマートフォンでも聞けるので、この番組を聴いて来年の来日を前に、ストーンズを予習しておくのも面白いかもしれない。
(文=岡野里衣子)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版