>  >  > 年末の音楽特番は紅白以外もアツい

きゃりー、ホルモン、小林幸子も…『紅白』『レコ大』だけじゃない、年末のコアな音楽特番まとめ

関連タグ
Perfume
AKB48
aiko
乃木坂46
きゃりーぱみゅぱみゅ
CDTV
FUJI ROCK FESTIVAL
ベストヒットUSA
モンスターロック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末年始といえば『レコード大賞』と『紅白歌合戦』。かつては一家そろってそれらの歌番組を茶の間で見る光景が当たり前だったが、近年の音楽ファンの“年越し”の過ごし方はカウントダウンイベントやフェスへの参加が当たり前になっている。それでも、やっぱり年末は家でテレビ!という在宅派の音楽ファンのために、暖かい自宅でのんびり楽しめる、ディープな年末の音楽番組をまとめてみた。

●FUJI ROCK FESTIVAL ‘13(フジテレビ)
日時:12月29日27時55分~

 2013年7月に開催されたFUJI ROCK FESTIVAL2013の模様をドキュメント。Nine Inch Nails、The Cure、BRAHMANなど出演したアーティストのアクトや、アーティストのコメントを放送。参加していない音楽ファンはもちろん、現地でフジロックを体験したファンにとっても、見逃せない内容となりそうだ。

●CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2013⇒2014(TBS)
日時:12月31日 23時45分~
出演:aiko家入レオいきものがかり、HKT48、AKB48、NMB48、きゃりーぱみゅぱみゅゴールデンボンバー、シシド・カフカ、JUJU、SEKAI NO OWARI、ソナーポケット、T.M.Revolution、西野カナ乃木坂46Perfume、ベッキー♪♯、ポルノグラフィティー、水樹奈々、miwa、ゆず、など

 毎年恒例となった大晦日から朝までの5時間15分の特大放送。今年話題になったアーティストが多数勢揃いし、カウントダウンを盛り上げる。カウントダウンライブや紅白から駆けつけるアーティストも多く、そのドタバタの中でアーティストの素顔が垣間見えるトークには今年も期待大。今後も順次アーティストは追加予定とのこと。

●きゃりーぱみゅぱみゅセンセーション!~世界が興奮・ワールドツアー密着ドキュメント(NHK)
日時:12月30日深夜26時05分~

 2013年5月に放送された同番組の再放送。きゃりーが2013年の春に行った世界ワンマンツアーの様子をドキュメントで放送する。今や世界が夢中なきゃりーワールドが各国の人々を熱狂させる様は、見ているこちらも楽しくなるはず。

●ベストヒットUSA リクエスト3時間拡大スペシャル(BS朝日)A HAPPY NEW GOOD YEAR !!
日時:12月31日23時~

 超ベテランDJ小林克也の伝説の洋楽番組『ベストヒットUSA』がBS朝日で復活している。内容もオールドロックだけでなく、今のアメリカのリアルな情報と貴重映像に溢れたラインナップを放送する。年越しスペシャルでは、視聴者からビデオレターを募集。リクエストした曲への想いや小林へのメッセージも交えて紹介する。年越しはベテラン選曲の洋楽で、ひと味違う新年を迎えてみるのはいかが。

●モンスターロックpresentsマキシマム ザ ホルモン 復讐ツアー全部見せスペシャル(SSTV)
日時:12月29日24時15分~

 今年アルバム『予習復讐』が大ヒットしたマキシマム ザ ホルモン。今年のクリスマスに放送されたSSTVのロックプログラムの再放送だ。7月にモンスターロックで放送され、大反響を呼んだ復讐ツアーの総集編は、ロックファンならずとも見逃せないはず。やりたい放題のホルモンメンバーの勢いが全開な番組。

●20年間一気に見せます J-POP大全集 1994−2013(M-ON)
日時:12月28日~31日 18時~24時

 3日間、計24時間に渡って放送される特別企画。20年間のJ-POPの歴史をMVで振り返る、様々な世代で一緒に楽しめる番組だ。TKサウンド全盛期だった1994年から、J-POPはどのように移り変わり、歌われる内容はどのように変化してきたのか、というように“J-POP”について検証してみても面白いかも。

●ニコニコ年越し!小林幸子カウントダウンLIVE~ オープニングアクト:ダイオウグソクムシ(ニコニコ公式生放送)
日時:12月31日 9時~

 最後はネット生放送からこれ。小林幸子のカウントダウンライブが大晦日に生放送される。大晦日恒例の超豪華衣装が今年はニコファーレに登場。『150頭身分高さがある』とか『お城が出来てる』など噂が飛び交っているが、やっぱり日本人なら大晦日は小林幸子を見て「すげーっ」って言いたいはず。

 ライブで盛り上がるだけが音楽好きの年越しの楽しみではないのかもしれない。各局の独自性あふれるプログラムを家でゆっくり楽しみながら、新年を迎える準備をしてみてはいかが?
(文=岡野里衣子)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版