>  > 「なめこのうた」は紅白の隠し球?

紅白「なめこ」ゲスト登場で注目 「なめこのうた」が密かにブレイクしていた

関連タグ
サカナクション
北島三郎
あまちゃん
くまモン
なめこ
まいんちゃん
ポップス
紅白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サカナクションの初出場や、今回限りで紅白引退する北島三郎が話題になっている今年の紅白歌合戦。先日、ゲスト企画の内容が明らかにされた。一番の目玉は「あまちゃん」“特別編”だが、「くまモン」や「なめこ」を中心とした人気キャラクターが登場するコーナーもあるという。くまモンは今や幅広い層に認知されているが、なめこも子どもたちの間で大ブームを巻き起こしているキャラクターだ。

 なめこは元々、「おさわり探偵 なめこ栽培キット」というシリーズ累計ダウンロード数が3,450万(2013年11月現在)を超える大ヒットアプリゲームのキャラクターなのだが、今やゲームの世界を飛び出して、ぬいぐるみを中心としたグッズも大人気となっている。

 そんなグッズのうちのひとつが音楽。今年の春までNHK Eテレで放送されていた子ども料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」に出演していた“まいんちゃん”こと福原遥が歌う『なめこのうた』が、昨年の後半から今年にかけて大ブレイクを果たした。とは言っても、2012年7月にリリースされたコンピレーションアルバム「なめこのCD」からのシングルカットとしてリリースされた当楽曲のCD売上は、それほど奮ってはいない。36週に亘ってオリコンチャートにランクインするという息の長い売れ方をしたものの、推定累積売上枚数は約2万5千枚という平凡な数字に留まっている。ちなみに、この枚数は乃木坂46の最新シングル『バレッタ』の2週目の売上にも及んでいない。さらに、配信でも特筆すべき結果は残していないようだ。

 では、「なめこのうた」は一体どこでブレイクしたのか。YouTubeである。子どもたちを中心として人気を集めているだけあって、この曲の存在すら知らない大人は多数いると思うが、驚くことなかれ、この曲の再生回数は1600万を超え、コメントの数も3,000以上という大きな反響を呼んでいる。しかし、この動画が公開されたタイミングが2012年6月だったこともあって、昨年も今年もYouTube年間トップ10音楽動画にはランクインしていない。そのため、ファン以外にはほとんど知られることのない、言わば「陰のヒット曲」と化している。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版