>  > 「EDM」はどこまでJPOPに浸透する?

ももクロ、モー娘。、NMB48も……JPOPを席巻する「EDM」はどこまで広がる?

関連タグ
NMB48
ももいろクローバーZ
安室奈美恵
EXILE
モーニング娘。
EDM
J-POP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ざっと2013年を振り返ると、ダンス・ミュージック・シーンはやはりEDMの一言に尽きる。街中で耳に入る音楽もEDMが溢れていて、例えそれが初めて聴いた曲でもとりあえず「これもまたEDMだな」とひとりごちれば、そこそこ様になる。横に彼女でもいればなおよし。「EDMってのはさぁ、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの略称で云々」と語れば、彼女もキミに惚れ直すことは間違いないのかもしれない。

 と、多少極端ではあるが、ここで言いたかったのは、それくらいEDMは本来のハウスやテクノ、トランスといったジャンルを飛び越えてヒップホップもR&Bもポップも一緒くたになって、猛威を振るったということだ。思い返せば、2013年初頭に音楽ランキングの権威である米ビルボードが「Dance/Electronic Songs」というチャートを新設。これがいわば“EDMチャート”と呼ばれるもので、ビルボードもこのムーヴメントを無視できなくなった。

 実際に本場であるアメリカでは、その勢威が衰えることなく、バウアー「Harlem Shake」は社会現象を起こし、ジャスティン・ビーバーも「Beauty And A Beat feat. Nicki Minaj」で華麗にEDMの貴公子を演じる。ウィル・アイ・アムとブリトニー・スピアーズ「Scream & Shout」やゼッド「Clarity」、カルヴィン・ハリス「Sweet Nothing feat. Florence Welch」などヒット曲を挙げればキリがないが、一方でリンキンパークがスティーヴ青木と共作を発表したり(『SUMMER SONIC 2013』で世界初披露)、と他ジャンルとの配合にも依然とし
て積極的。近年におけるヒップホップやR&Bとの親和性は、デヴィッド・ゲッタの諸作やリアーナ「We Found Love」を例に出すまでもなく証明されてきたが、EDM系プロデューサー×各ジャンルのトップ・アーティストといった黄金の図式は今後も多く見られそうだ。

 そんな現象は今年、日本でも多く見ることができた。安室奈美恵が「Heaven」(アルバム『FEEL』収録)でゼッドをプロデューサーに迎え、EXILEによる「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するために~」や三代目J Soul Brothers「BURINING UP」などに代表されるようにもともとダンス・ミュージックを掲げていたアーティストはごくごく自然にこの流れに乗っているようだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版