>  >  > 禁断の多数決が性格良し子ちゃんとコラボ

禁断の多数決、新作MVに人気セクシー女優を起用 映像ディレクターが明かす演出のコンセプトとは?

関連タグ
ターボ向後
並木優
性格良し子ちゃん
由愛可奈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131205-kindan-01.jpg

左が由愛可奈。右が並木優。どちらも熱心なファンがついた人気セクシー女優だ。手にしているのはルー・リードの『メタル・マシーン・ミュージック』。

 インディーシーンで注目を集める音楽ユニット、禁断の多数決が12月4日、配信限定EP『リング・ア・ベル 禁断サンタのクリスマスEP』を急遽リリースし、それにともないYouTube上で「リング・ア・ベル」のMVが公開された。

 禁断の多数決は、素性を明かさぬまま次々と公開した自作MVが、そのクオリティの高さで注目を集め、2012年にデビューアルバム『はじめにアイがあった』をリリースした7人組。テクノポップを基調にさまざまな音楽ジャンルのエッセンスを採り入れた楽曲と、キッチュな女性ボーカルで、レイドバック感をもたらすサウンドが特徴的だ。メンバーには未だに謎の部分が多く、ミステリアスな存在感を高めている。

 MVは、日本初のヌードMVである「Bad habit」を制作した、映像作品メーカーの「性格良し子ちゃん」が担当。作中のモデルには人気セクシー女優の並木優と由愛可奈を起用し、ヌードカットを大胆に使用しながらも、過去のポップカルチャーへのオマージュを散りばめた魅惑的な映像作品に仕上がっている。

禁断の多数決「リング・ア・ベル」

 「Bad habit」が再生回数23万回を突破したことから、さらなるヒットが期待される本作。監督を務めた『性格良し子ちゃん』の代表兼映像ディレクターのターボ向後氏は、今回の映像を作ったいきさつを次のように語っている。

「禁断の多数決はもともと自分たちでMVを制作していて、その作品群には可愛い女の子をフィーチャーしたお洒落なものが多くありました。感銘を受けた僕は、一年ほど前に彼らの作品をブログで紹介しています。その後、リーダーのほうのきかずなりさんが『Bad habit』を観て、僕の映像に興味を持ってくださったとのことで、ご連絡をいただきました。話をしてみたら好きな映画や音楽、可愛いと思う女性のタイプなどに共通点が多かったため、『では一緒にMVを作りましょう』ということになり、今回の作品に繋がったんです」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版