>  >  > 「ニコ動」音楽コンテンツ強化の背景

GACKTからBiSまで...ニコニコ動画が音楽業界からモテる理由

関連タグ
GACKT
YOSHIKI
倖田來未
山崎まさよし
flumpool
星野源
BiS
Facebook
Twitter
YouTube
ニコニコ動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GACKT、YOSHIKI、倖田來未、山崎まさよし、flumpool、星野源、BiS…。キャリアも音楽性も全く異なるこれらのミュージシャンに共通する点をご存知だろうか。実は彼らはみな、ニコニコ動画で自身の番組を放送しているミュージシャンなのである。ニコニコ動画で発掘されメジャーデビューを果たしたミュージシャンは数多く存在するが、すでにある程度キャリアを積んだ中堅~大御所ミュージシャンが最近ではこぞってニコニコ動画で番組を持つようになってきている。その人気の秘密はいったいどこにあるのだろうか?

 同じ動画サービスという点でよく比較対象として挙げられるYoTube。事実、多くのレコード会社やアーティスト事務所が公式のアカウントをYouTubeにも開いているが、その用途はニコニコ動画とは大きく異なるようだ。YouTubeの公式アカウントで流されているのはあくまでミュージックビデオが中心。ときたまライブ映像をアップしているものもあるが、それも発売されるDVDからの切り取りであることがほとんどである。YouTubeはCDやDVDを宣伝・販促するツール、レコード店の試聴機やCS局で放送されているMV番組の代替として活用されているのだ。

 それに対しニコニコ動画はコミュニケーション中心。自前の番組を制作しアーティストのことをもっとよく知ってもらう、より好きになってもらうために用いられることが多い。これまでファンはテレビやラジオ、音楽誌などからミュージシャンについての情報を収集してきた。しかしそれらの媒体では尺の問題から伝えられる内容に限りがあるし、そもそもリリースタイミングとツアー前後くらいしか露出する機会がない。もっと日常的にファンの目に触れる機会を作ることで親密度を高めていき、その結果としてCDやグッズの売上を伸ばしていく。これまでラジオのレギュラー番組が担ってきたような役割を安価かつ自由に行うことができる場としてニコニコ動画はミュージシャンたちに注目されているのだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版