>  >  > flumpool生配信が示すライブの未来

flumpoolスタジオライブで検証 ストリーミング中継はライブの“楽しみ方”をどう変える?

関連タグ
flumpool
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131226-fp-01.JPG12月25日、都内スタジオにて「flumpool Studio Streaming Live」を開催したflumpool。

 「遠くで応援してくれている人にも、近くにいる人にも届く、そんなライブにしたいと思います」(山村隆太/ボーカル・ギター)。今年、デビュー5周年を迎えたflumpoolが、日本武道館公演の模様を収録したBlu-ray/DVDの発売日となる12月25日に、都内スタジオにてクリスマスライブ「flumpool Studio Streaming Live」を敢行した。目の前にいるのは、わずか30名のファン。少し手を伸ばせば届きそうな距離で、flumpoolが演奏するというクリスマスらしいスペシャルなライブになった。

fp_niconama1.jpgニコニコ生放送の模様。ファンから多くのメッセージが寄せられている。

 ライブを見守るのは、30名のファンだけではない。ライブの模様は、ニコニコ生放送、STOLABO TOKYO(Ustream)、YouTube、アメーバピグの4つのサービスでストリーミング中継された。それぞれのユーザーがflumpoolのスタジオライブをパソコンやスマートフォンなどからリアルタイムで体験している。近年、こうしたライブのストリーミング中継を行うアーティストが急増中だ。ライブ中継なら、会場に足を運ぶことができなくてもライブを体験でき、コメント機能によりファン同士のコミュニケーションを行うことができる。またアーティスト側には、目の前のファン以外にも自分たちのライブを届けられるという点がメリットになるだろう。

 ライブは、クリスマスの夜にピッタリの一曲「Snowy Nights Serenade~心までも繋ぎたい~」からスタート。バンドにヴァイオリン、キーボード、オルガンを加え、この夜だけの特別なアレンジで演奏していく。超近距離で演奏するflumpoolに、スタジオのファンはやや緊張した面持ちで聴き入っている。一方、ニコニコ生放送やUstreamでは「アレンジいいね」「この曲、『Fantasia of Life Stripe』に入ってるよ」といった感想に混じって、「隆太さんっていつもベスト着てるね」「井上さんはいないのかな」といった雑談的なコメントも流れていた。音楽への臨場感や迫力はもちろん会場の方が上だが、ユーザー同士コメントのやりとりで盛り上がれるのはライブ中継ならではの楽しみだろう。このライブでは尼川元気(ベース)がクラシック・ギターやアコースティック・ベースを演奏するなど多彩なプレイを披露したが、ニコニコ生放送やUstream上でも「げんちゃんギター?」「元気さんがクラギ持ってた!」と演奏前から大いに盛り上がっていた。

      

「flumpoolスタジオライブで検証 ストリーミング中継はライブの“楽しみ方”をどう変える?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版