>  >  > E-girlsは現代版のSPEEDだった!?

E-girlsはSPEEDを超えるか アイドル×ヒップホップダンスの可能性

関連タグ
Happiness
DOMINO
Flower
DJ DECKSTREAM
E-girls
BRIGHT
Dream
EXILE
FNS歌謡祭
J-POP
アイドル
ヒップホップ
ブラックミュージック
ポップス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作品を出すたびに芸能ニュースサイトを賑わせるAKBグループやももいろクローバーZモーニング娘。などの女性グループたち。その中でも高い歌唱力と本格的なダンス・パフォーマンスで魅了する女性グループ、E-girlsがめきめきと台頭している。E-girlsは、Dream/Happiness/Flowerという3つのグループに9人のパフォーマーを加えた総勢29名の大所帯。EXILEのHIROが社長を務めるLDHに所属し、女性版EXILEと呼ばれるなど、EXILEの妹分としても知られている。

 彼女たちが11月20日にリリースした最新シングル『クルクル』は、前作『ごめんなさいのKissing You』に続き、オリコン週間チャートで初登場2位を獲得。同作発売前には2014年の夏に初の全国ツアーを行うことも発表された。しかも、初のツアーがいきなりアリーナ・ツアーという人気ぶりで、アリーナ・クラスというのは、1998年のSPEED以来という快挙だ。

 そのSPEEDは、ヒップホップやR&Bのエッセンスを楽曲とダンスに巧みに取り入れ大成したグループだったが、冒頭に挙げた女性アイドル・グループとE-girlsの違いのひとつもそこにあるように思う。E-girlsの基本路線はJPOPだが、楽曲や打ち出し方にブラック・ミュージックのエッセンスがチラチラ見え隠れするのがポイントだ。

 たとえば、クラブ・カルチャーをバックボーンに持つEXILEのMAKIDAIがDJ MAKIDAI名義でリリースしたミックスCD『Treasure MIX 3』に収められた90年代のクラブ・ヒット曲、アラウンド・ザ・ウェイの「Really Into You」のカバーにフィーチャリングされていたのはHappinessだった。数多くの海外著名ラッパー/シンガーと共演経験を持つ日本人プロデューサー/トラック・メイカーのDJ DECKSTREAMが今夏発表したメジャー・デビュー・アルバム『DECKSTREAM.JP』にはFlowerの鷲尾伶菜が参加。収録曲「あの日のさよなら」で透明感あふれる歌声を響かせてくれた。今年4月にリリースされ、チャート初登場1位を記録したE-girlsのファースト・アルバム『Lesson 1』には、ソウルオリエンテッドなミドル・ナンバー「love letter (Album special Version)」や「好きですか?」を収録。三浦大知やAIなどに楽曲を提供するプロデューサー、UTAが手掛けた「ただいま! (Album special Version)」も切なくて爽やかな横揺れグルーヴがたまらないナンバーだった。

 先日放送された「2013 FNS歌謡祭」にE-girlsが出演した際は、他の女性アイドル・グループとは異なりスニーカーでパフォーマンスを披露。ヒップホップ系のダンスシューズと言えばスニーカーだし、フェミニンな衣装と多少アンバランスでも足下はキレのあるダンスをするための道具を選ぶ。その姿勢には彼女たちのこだわりとルーツが感じられた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版