>  >  > Cocco、新曲リリースで涙ぐんだワケ

Coccoが感謝のメッセージ発信 過去の発言から「彼女が歌う理由」を探る

関連タグ
J-POP
YouTube
ミュージックステーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Coccoの新曲『キラ星』が、12月18日配信リリースされる。その配信に先駆け、2013年12月4日YouTube公式チャンネルにて、自身のメッセージ動画が公開された。そこに映し出されていたのは以前よりずっと優しい顔で語るCoccoの姿。「ありがとう、いつも本当にありがとう」そう彼女は何度も繰り返し、鼻をすすり目を潤ませ、涙ぐんでいるようにも見えた。

「Message from Cocco 2013.12.4」

 2001年の突然の活動休止を経て、2006年には音楽活動の再開、近年では映画や舞台にも出演しているCocco。そして今年は3年ぶりの新曲を配信限定で2曲リリースするなど、にわかに活動の幅を広げているが、このメッセージ動画で語られているのは「急に止まったり、急に走り出したり、いつも説明も補足も何にもないのに、それなのにみんな、ありがとう。本当にありがとう。元気です」という彼女の素直な言葉だ。穏やかな表情には、かつての危ういCoccoの一面はない。

 活動休止の際、最後のテレビ出演となったミュージックステーション。今でも「伝説」となっているこの放送で、テレビに出るのが嫌だと語る彼女に対し司会のタモリは「テレビに出ないで活動を続けたらどう?」と諭す。「でも……」と首を縦に振らなかった彼女の表情は今でも印象的だ。歌うことが辛くなり、一度は表舞台から姿を消したCoccoはその後、絵本作家としての活動や故郷沖縄のゴミ拾い運動、そしてくるりの岸田繁らとのセッションバンドを経て、また歌を歌うことを選んでいくが、2007年イギリスに留学し、精神疾患の治療のため病院通いをしたという。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版