>  >  > BiS階段、米音楽誌評価で7位に

BiS階段、米音楽誌『SPIN』にて高評価 海外進出のきっかけになるか

関連タグ
非常階段
BiS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BiS階段のアルバム『BiS階段』がアメリカの大手音楽雑誌、SPIN誌が選ぶ2013年度アヴァンギャルドベストアルバム7位に選ばれた。

 BiS階段は、過激なパフォーマンスで注目を集めるアイドルグループのBiSと、世界的なノイズバンドの非常階段がコラボレーションしたグループ。同誌ではほかに、アンビエント・ノイズ・ドローンシーンを牽引してきたティム・ヘッカーや、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー等が選出され、ヴェルヴェッツやソニックユース、ニルヴァーナの名盤と並び評されている。

 同誌ではBiS階段のインタビューも掲載中。非常階段の中心人物であるJOJO広重は、「次にノイズ化したいアイコンは?」との質問に「レディ・ガガ」と答える一幕も。

 アイドルとノイズという、かけ離れたジャンルの融合が生み出したまったく新しいスタイルは、海外でも衝撃的な音楽として受け止められたようだ。今回の高評価は、BiS階段が海外進出するきっかけとなるかもしれない。

 なお、リアルサウンドでは近日中にJOJO広重のインタビューも掲載する予定だ。
(リアルサウンド編集部)

「BiS階段、米音楽誌『SPIN』にて高評価 海外進出のきっかけになるか」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版