>  > BiS階段のJOJO広重がシーンを語る

「日本の音楽はまだまだ面白くなる」BiS階段JOJO広重が語る、カオス化するシーンの行方

関連タグ
BiS
非常階段
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131221-jojo.JPG

ノイズミュージックのパイオニア、非常階段の中心人物であるJOJO広重氏。

 コシノジュンコのメンバー入りや、全裸写真・MVで話題を集め、オリコンチャート1ケタを記録するアイドルグループのBiS。聖水、汚物まき散らしライブ等で伝説化しているノイズミュージックのパイオニア、非常階段。2つの独創的なグループがコラボしたBiS階段のアルバム『BiS階段』が、米音楽誌SPINの年間アヴァンギャルドベストアルバムにて7位に選出された。本ランキングではティム・ヘッカーや、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー等が選出され、ヴェルヴェッツやソニックユース、ニルヴァーナの名盤と並び評されている。

 日本の音楽シーンの中では快挙といえるが、BiS階段の活動自体は、残念ながら国内の音楽メディアではほとんど取り上げられなかった。いったいなぜ、海外と国内でこれほど評価に差が生じたのか。BiS階段の首謀者であるJOJO広重氏に話を訊いた。

――なぜ日本のメディアは『BiS階段』を大きく取り上げなかったのでしょう。

JOJO広重(以下、JOJO):そもそも日本の音楽誌は広告を出すことで記事スペースを割く傾向にあります。これは邦楽と呼ばれるものが完全に国内向けに制作されるので、いかに国内でセールスするかという命題に対して、レーベルとメディアが相互扶助関係にあるから。つまり、広告を出稿したミュージシャンを悪く書けない、むしろ提灯記事になってしまうわけです。一方で僕らのようなアヴァンギャルドな音楽は言葉の壁が無いことで世界中からオファーが来ます。僕がやっている初音階段(初音ミク×非常階段のユニット)でもイギリス、スイスからライブオファーがありました。

BiS階段 - nerve @ WWW

――日本の音楽メディアには、アーティストが正当な評価を受けにくい構造があると。ではノイズミュージックへの評価は、海外と国内でどのように違うのか。

JOJO:これはノイズミュージックに対してだけではなく、アートと呼ばれるものに対しての理解度やニーズの違いかと思います。僕は日本の教育システムの問題も大きいと思っているのですが、日本はどうしても、勝てば官軍、売れたもの勝ちの思想が強いですよね。反対に海外は、オリジナルなものやアーティストへのリスペクトが高いし、国も積極的に援助しています。SPINなんて、レディ・ガガやマドンナも載る超メジャー雑誌ですからね。その雑誌がアヴァンギャルド・ランキングを毎年発表し、日本のノイズ・アイドルグループを7位に推すなんて、日本では考えられないでしょう。歴史を振り返ると、日本は戦争を境に欧米の価値観や文化がなだれ込む中で、全体主義、結果主義に過度に移行した面もあるのではないでしょうか。実は江戸時代は現在よりもっと文化的かつ享楽的だったといわれていますし。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版