>  >  > AKBグループ、激動の2013年を振り返る

エドボルのアイドル深読みリサーチ ~AKB48激動の2013を振り返る~ (前編)

AKBグループ激動の2013年 相次ぐ卒業や峯岸騒動をどう乗り越えてきたか

関連タグ
AKB48
アイドル
エドボル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年も残すところあと10日を切り、今年の出来事を振り返るニュースが賑わい始める昨今だが、アイドルシーンは東京女子流の武道館公演に、GEMのメジャーデビュー、紅白歌合戦にレコード大賞などなど、年末年始も休むことなく動き続けている。ただ、2013年がどんな年だったのかを総括しなければ、来年の展望も見えてこない。ということで、今回は当コラムでも多数取り上げてきたAKB48グループの2013年を、ちょっと早めではあるが時系列を追って振り返ってみようと思う。

 1月には、小木曽汐莉、平松可奈子、桑原みずき、原望奈美らSKE48から8人の人気メンバーの卒業が発表。4月にはSKE劇場で、それぞれの卒業公演が行われた。今回の卒業は初期から支えるメンバーが多く、第一期のSKE48の終了と捉えるファンも多かったようだ。彼女たちに贈られた「それを青春と呼ぶ日」はリアルドキュメントの48グループだから生まれた名曲である。また『リクエストアワーセットリストベスト2013』では、1位に大場チーム4の「走れペンギン!」が、2位に宮澤佐江センターのユニット曲「奇跡は間に合わない」がランクイン。ファン層が拡大し、最近はなかなか感じることが出来なかった「ファンが物語を創るAKB48」というコンセプトを、再認識させられる出来事となった。

 2月には、板野友美が『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは涙の後に何を見る?』内で卒業を発表。また同映画内では、昨年に脱退したメンバーが多く扱われ、そのメンバーのシーンの前後に峯岸みなみのコメントが多く挿入されており、前日に起こった、峯岸が坊主姿をYouTubeで公開し、研究生への降格が発表された出来事との不思議な関連性を感じずにはいられなかった。同月、NMB48の福本愛菜も卒業を発表し、6月に卒業。その後はよしもと新喜劇の舞台を中心に現在活躍中。48グループをステップに自分の求める夢の舞台へと羽ばたくという、本来の48グループが持つ機能を考えると、NMB48にとっては先陣を切る卒業と言えよう。また48関連の隠れた名曲で、向谷実プロデュースで佐藤亜美菜が作詞し、佐藤と倉持明日香と中村麻里子が歌う『もうこんな時間』がiTunes限定でリリースされたのもこの月だ。

 3月は、まず1日にHKT48が既存の楽曲を組み合わせ指原莉乃がセットリストを作成した『博多レジェンド』公演をスタート。この公演はAKB48にも影響し、各チームメンバーが選曲した後のウェイティング公演へと繋がっていく。この月に卒業したのは、AKB48仲谷明香、SKE48の秦佐和子のふたり。共に声優という夢を追い、仲谷はオーディションのため、秦は声優の専門学校への進学のための急な卒業となった。アニメ『AKB0048』での実績もある二人ではあるが、この急な形の卒業に、アイドル業界と声優業界は現状では直結していないという事実を思い知らされることとなった。3月20日にはHKT48のデビューシングル『スキスキスキップ』がリリース。現在のどの48グループにも無い、ストレートなAKBフォーマットのアイドルポップに、AKB48らしさを求めるファンの『博多移籍』が加速した。3月31日には32ndシングル選抜総選挙の立候補受け付けを開始。今年は立候補制を採用し、4年以上48グループに所属したメンバーであれば立候補が可能ということで、一部では前田敦子、大島麻衣らの卒業生の立候補も期待されたが、AKB48経由でSDN48に移籍したメンバーと、昨年辞退した平嶋夏海の立候補に留まった。ただ、平嶋が立候補しランクインしたことで、休止状態だった『渡り廊下走り隊』が、今年の年末から来年へ向けての最終章の展開が生まれた可能性は高いだろう。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版