>  >  > AKB48「ヘビロテ」がクセになる理由

AKB48「ヘビロテ」はなぜクセになる? 亀田誠治と森山直太朗が“弱起”の効果を解説

関連タグ
森山直太朗
森山良子
沢田研二
ケツメイシ
西田敏行
AKB48
J-POP
NHK Eテレ
亀田専門学校
小野文恵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽プロデューサーの亀田誠治がJ-POPのヒット曲を分析するテレビ番組『亀田音楽専門学校』(NHK Eテレ)の最終回が12月19日、午後11時25分より放送された。

 この番組は亀田が校長、小野文恵アナウンサーが助手を務め、毎回様々なアーティストがゲスト講師として出演する全12回の教養番組。最終回のテーマは「弱起は強気」ということで、ゲストには前回に引き続きシンガーソングライターの森山直太朗が出演した。

 この手法が使われている例として亀田は、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE」、平井堅の「POP STAR」、いきものがかりの「ありがとう」を挙げた。弱起とは音楽用語で、メロディーがその小節の1拍目以外から始まること。『拍』には強い拍と弱い拍があり、1拍目を強拍、それ以外の拍を弱拍という。弱起とは強拍にむかうメロディーの束のことをいうのだ。

『弱起は強気』その1:弱起と歌詞の関係

 弱起の効果はまず、束になって強拍に向かうことで、リスナーを曲に引き込む力が強まり、キャッチーになること。亀田はまず、森山直太朗の「さくら(独唱)」をケツメイシの「さくら」と対比させ、サビ部分の弱起の効果を検証。森山の「さくら」は、「さく」までが弱起、「ら」が強拍。対してケツメイシの「さくら」は「さくら」までが弱起、「『ま』いちる~」の「ま」が強拍にあたる。両方をスタジオで歌い比べた森山は「見えてくる景色がちがうんじゃないかな」と解説。「僕の『さくら』のほうは、単純に「さくら」そのものに(強拍に)かかっている。対してケツメイシさんの『さくら』は、『まいちる』に強拍がかかってくる。名詞か動詞かで景色が変わってくると思う」という。「強拍の言葉でページがめくれて、その先広がっていく景色の大きさが全然違う」という亀田は、弱起の歌詞は強拍から始まる情景の導入になると説明した。さらに「ケツメイシの『さくら』はすごくよく出来てて、弱起を『さくら』におくことで『まいちる』っていう景色をしっかりと提案している。で、直太朗君の場合は、しばらく『さくら』っていう……シンプルな景色だけにカメラが留まっているわけ」と続けると、小野アナウンサーは「じゃあ、弱起の使い方っていうのは、強拍の場所っていうのがポイントなんですね」というと、「その通り!」と頷いた亀田。描きたい歌詞を強拍におくのがポイントなのだと語った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版