>  >  > 女性が好きなアイドル、嫌いなアイドル

剛力彩芽、前田敦子、乃木坂46……女性に好かれるアイドル、嫌われるアイドルの違い

関連タグ
ももいろクローバーZ
乃木坂46
前田敦子
Berryz工房
剛力彩芽
アイドル
板橋不死子
犬山紙子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルブームの昨今、女性がアイドルのファンになり、ライブや握手会などのイベントに通うことは珍しくない。ももいろクローバーZは、男女問わずにファンが多く、2012年までは「女祭り」と称して女性限定のイベントを武道館にて開催していた。乃木坂46もまた女性ファンが多く、メンバーの白石麻衣は、ファッション誌『Ray』の専属モデルを務めるなど、同性からも高い支持を得ていることが伺える。リアルサウンドでも、シンガーソングライターの大森靖子氏や、ライターの犬山紙子氏が、熱心なモーニング娘。ファンであることを明かし、女性目線で彼女たちの魅力について語っている。

 いっぽう、人気のあるアイドルの中には、一部の同性から好ましく思われていないタイプもいる。AKB48の大島優子や、元エースの前田敦子、Berryz工房の嗣永桃子、剛力彩芽などは、広く世間に認知されていることもあり、ネガティブな印象を抱く同性も少なくないという。

 そもそも女性アイドルは、男性をコアターゲットにしているため、その振る舞いやファッションが同性から嫌われる場合があるのは、ある程度仕方のないことだろう。だが、アイドルには明らかに女性受けしやすいタイプと、そうではないタイプが存在するようだ。そこにはいったい、どんな差異があるのだろうか。

 アイドルや音楽シーン全般に詳しいライター・板橋不死子氏に、同性から好かれるアイドルと、嫌われるアイドルの違いを訊いた。

「女性から観て好感度の高いアイドルには、憧れや共感を得やすいタイプと、エンターテイメントとして面白いタイプの、2パターンがあると思います。例えば乃木坂46の場合は前者。彼女たちには清楚でファッショナブルなイメージがあるうえ、AKB48のように肌を露出することが少ないので、同性でも受け入れやすく共感しやすいです。また、ももいろクローバーZの場合は後者。彼女たちは天真爛漫で、いい意味で“女っぽく”ありません。ハチャメチャな曲をハイテンションで歌っている姿は、セクシーさよりむしろ愛嬌を感じさせます。彼女たちは、嫉妬をする対象にはなりにくいですね」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版