>  >  > KinKi Kids、新作で“不仲説”を返上!?

KinKi Kidsが長年の不仲説を払拭!? ニューシングルが充実の仕上がりとなったワケ

関連タグ
SMAP
KinKi Kids
オリコン
ジャニーズ
ジャニ子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131103johnnys.jpg

“不仲説”が流れていたKinKi Kidsだが……

 KinKi Kidsの通算33枚目のシングル『まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを』(10月23日発売)が初週17.8万枚を売り上げ、11月4日付けオリコン週間ランキング1位となり、ギネス公認記録「デビューからのシングル連続首位記録」を更新した。2012年のシングル『変わったかたちの石』の初週売り上げが12万枚だったのに対し、5万枚強の売り上げ増である。

 2種類の初回限定盤および通常盤という複数バージョン商法による底上げ効果もあるだろう(参照:KinKi Kidsの新曲が手堅くチャート1位 ジャニーズの“巧みすぎる“リリース戦略を読む)。さらに、作詞に松井五郎、作曲に織田哲郎、編曲に亀田誠治を迎えた「まだ涙にならない悲しみが」は、これまでのKinKi Kidsの作品の中でも“名曲”と評する声も多く、楽曲の良さが売り上げ増につながった面も考えられる。

 1年9ヶ月ぶりのリリースとなった本作だが、いったいなぜKinKi Kidsは今のタイミングで良作を生み出すことができたのか。ジャニーズ事情に詳しいライター・ジャニ子氏は、次のように分析する。

「KinKi Kidsの2人は舞台裏では会話が少なく、一緒の撮影でも目を合わせることさえないため、長年“不仲説”が囁かれていましたが、最近ではその関係性に改善が見られたのか、今作では珍しく2人揃ってプロモーションをしています。

 ここ数年、剛さんはENDLICHERI☆ENDLICHERI名義での活動をしたり、アルバム『Nippon』で海外デビューを果たしたり、カバーアルバム『カバ』をリリースしたりと、いわばアーティスト路線の活動に尽力してきました。一方、光一さんは舞台に力を注いでいて、ジャニーズ事務所の中でも随一と言われるほどの実力派舞台俳優に成長してきています。

 2人は性格的に、表立って『実は相方をリスペクトしている』とは言いませんが、おたがい別のフィールドで活動をするうちに、ポジションが明確になり、厚い信頼関係が築かれてきたのではないでしょうか」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版