>  >  > 紅白のジャニーズ出演者に異変あり

紅白恒例のNYCの名が消え、Sexy Zoneが初出場――ジャニーズ出演者に“異変”あり

関連タグ
SMAP
TOKIO
ジャニーズ
ジャニ子
忍たま乱太郎
紅白歌合戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131125-sexyzone.jpg

歴代の紅白出演ジャニーズの中でも、特に若いSexy Zoneは、メンバー全員が平成生まれ。

 第64回NHK紅白歌合戦の出演者が11月25日15時より発表された。

 今回の紅白では、AKBグループやももクロなど、女性アイドル勢の出演が目立つほか、サカナクションLinked Horizonといったバンドが初出場を果たしており、話題を呼びそうである。また、すでにお馴染みとなっているジャニーズ勢の出演については、その布陣に変化が見られた。

 ジャニーズ勢は、SMAP、TOKIO、、関ジャニ∞が昨年に引き続き出場、加えて若手グループとして注目されるSexy Zoneが初出場することが決定した。また、2009年から昨年まで連続出場し、白組のトップバッターを務めていたNYCは、出場しないことがわかった。

 ジャニーズ事情に詳しいライター・ジャニ子氏は、今年の紅白のジャニーズ出演陣について、次のように分析している。

「今年初出場となるSexy Zoneは、事実上の解散状態にあるNYCの後釜として出てきたのは明らかでしょう。彼らはNYCと同じように、NHK Eテレのアニメ『忍たま乱太郎』の主題歌である『勇気100%』を歌っていて、NHKへの貢献度も高いです。最年少のマリウス葉は13歳で、夜8時以降は出演できないので、恐らくNYCと同じように、オープニングバッターとしてパフォーマンスを披露するのではないでしょうか」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版