>  > つぼみヌードMVの監督にインタビュー

「音楽とセックスは似ている」つぼみを撮ったターボ向後監督が“ヌードMV”の可能性を語る

関連タグ
AV女優
つぼみ
ターボ向後
性格良し子ちゃん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131126-tsubomi1.png

アダルト業界で絶大な人気を誇るつぼみは、その性格の良さから制作スタッフの間でも人気が高い。

 アメリカのR&Bシンガー、ロビン・シックの「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪」が、ヌード姿MVで世界的にヒットするなど、海外のポップミュージックではセクシー系のMVが当たり前のコンテンツとして流通している。そんな中、AVメーカーである『性格良し子ちゃん』は、日本初の“ヌードMV”を制作。ラッパーのPUNPEEとAV女優のつぼみがコラボレーションした「Bad Habit」は、大胆にヌード映像を使用しつつも、ファッション性の高いクールな作品に仕上がり、YouTubeで再生回数23万回を突破した。

 同MVのヒットにより、国内でもヌードMVに対する需要があったことが示されたが、こうした作品は今後、日本の音楽シーンに浸透していくのだろうか。また、ヌードMVにはどんな可能性があるのか。『性格良し子ちゃん』の代表兼映像ディレクターで、「Bad Habit」のMVを制作したターボ向後氏に話を訊いた。

tsubomi2.png

ターボ向後氏は、エロチックでありながらもポップな写真にも定評がある。

――今回、MVでヌードを撮ろうと思ったきっかけは?

ターボ向後(以下、向後):もともと僕は洋楽が好きで、向こうのヒップホップやエレクトロなどのシーンでよく観る、ヌードを使ったMVが面白いコンテンツだと思っていました。最近だと、ファレル・ウィリアムスがやっているN*E*R*DっていうバンドのMVでも、ヌードを使用しています。でも、日本ではそういう表現がまったく受け入れられていなかった。実は10年くらい前に、当時GOING STEADYとして活動していた峯田和伸さんと、写真家の佐内正史さんに協力していただいて、『I LOVE YOU』っていう、音楽とエロを融合したようなAVを作ったことがあるんです。音楽系の雑誌とかHMVやタワレコに「これ、AVだけどスゴい作品だから!」って売り込んだんですけど、当時は誰も相手にしてくれなくて(笑)。その時の思いがくすぶっていた、というのがまずありました。

――実は再チャレンジだったと。この10年でエロに対する世間のイメージは変わりましたか。

向後:流れが変わってきたのはここ数年ですね。『SR サイタマノラッパー』や『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』を制作した、スポッテッドプロダクションズっていう制作会社では、MOOSIC LABっていう、MVと映画の中間のような映像作品のシリーズをやっています。それがとても盛り上がっているんです。内容的には僕が10年前にやっていたことに近いのですが、当時と違って今は、エロのテイストがあるコンテンツでも、いろんな層にリーチしやすくなっているのかな、と思います。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版