>  >  > トラック・メイカー、BACHLOGICの功績

JPOP界で台頭するトラック・メイカー EXILEから西野カナまで手がけるBACHLOGICとは

関連タグ
Crystal Kay
RHYMESTER
西野カナ
EXILE
BACHLOGIC
JIGG
ONE YEAR WAR MUSIC
SKY BEATZ
トラック・メイカー
ヒップホップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EDMムーヴメントが輸入されて以降、“トラック・メイカー”という言葉が一般層へも浸透してきた昨今。プロデューサーとは「作詞・作曲・編曲」までを手掛けるイメージではあるが、トラック・メイカーとは、その名の如く作詞・作曲された楽曲の“トラックを担当する”アレンジャーを指す言葉である(その場合、作詞家はソングライター、作曲家はコンポーザーとなる)。

 今では広義でプロデューサーとトラック・メイカーはイコールとされることも多いが、その役割は本来、似て非なるものである。そんなトラック・メイカーという言葉が広く知られる要因を作ったのが、ダンス・ミュージックの台頭であろう。

 例えばヒップホップにおいて、MCがラップをする際には「ラップとフロウ(メロディ)」に加え、それを乗せる「トラック」が必要となる。先で述べた作詞・作曲が前者であれば、トラック・メイカーは後者となる。しかし、J-POPにおける、もともとプロデューサーが作り上げたオケ(トラック)をアレンジャーが編曲する文化とは違い、ラップを乗せる前提でトラックを作り上げ、それをMCに提供する作業がメインとなるのが、ヒップホップにおけるトラック・メイカーの役割だ。そういった点から、ダンス・ミュージック・カルチャーではプロデューサー的な役割を含めて“トラック・メイカー”と表現する文化が根付いたと見られる。

 そんなダンス・ミュージック、あるいはクラブ・ミュージック・シーンで名を上げたトラック・メイカーたちが今、JPOPシーンでも目覚ましい活躍を見せている。その新世代の代表格と言えるのが、BACHLOGICだろう。インディーズ時代のDOBERMAN INCのプロデュースからその名を浸透させ、SEEDA「花と雨」やRHYMESTER「ONCE AGAIN」のプロデュース/トラック・メイキングで、その名を不動のものとした、いまや誰もが認めるトップ・プロデューサーだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版