>  >  > 紅白、過去20年の“バンド枠”を振り返る

「紅白」にバンド枠はいくつある? 過去20年分の出演者から検証してみた

関連タグ
AKB48
ももいろクローバーZ
サカナクション
GLAY
LUNA SEA
ロック
板橋不死子
紅白歌合戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末の恒例行事、NHK「紅白歌合戦」の出場歌手発表まであとわずか。AKB48ももクロ、ジャニーズらのアイドル勢、そしてお約束の大物演歌歌手たちなど当然予想される人々に加え、今年は男女5人組のロックバンド、サカナクションの初出場が内定したようだ。本サイトの読者なら今更説明するまでもないだろうが、サカナクションと言えばロックとダンスミュージックを融合させたサウンドで人気のバンド。ボーカルの山口一郎がSMAPに楽曲提供をしたり、CMやドラマとのタイアップも多く、今年3月に発売したアルバム『sakanaction』がオリコンチャート初登場1位を獲得するなど、音楽好きからの支持も高い。加えて今年は同アルバム収録の『Aoi』が、NHKサッカーテーマ曲に起用されるなど、同局への貢献度が高かったことも抜擢の理由と見られる。

 しかし、紅白出場を果たしたバンドというと、実はそれほど多くはない。この20年ほどを遡ってみると、まず90年にB.Bクイーンズとたまが出場している。かたや国民的アニメの主題歌、そして一方はこの年60万枚を売り上げ、世間でよく知られた楽曲だった。翌年91年には、X JAPANが初出演し、この後94年まで連続出演した。92年にはLINDBERGや米米CLUBが登場。93年はTHE BOOMが初出場を果たした。小室ファミリーが隆盛を極める94年から96年以降は、いわゆる若者人気代表枠はそちらに流れたものの、シャ乱Q、JUDY AND MARY、ウルフルズらが出演。98年にはロックバンドのメガヒット現象に伴い、GLAY、LUNA SEAL'Arc~en~Cielが揃って登場した。

 2000年代に入ると、目新しいバンドの出演は激減。代わってハロプロ系アイドルやCHEMISTRYらの歌ウマ系男性ボーカル、KICK THE CAN CREWといったHIPHOPグループが台頭してくる。その後、05年にORANGE RANGE、06年にAqua Timezと主に10代の支持を集めたバンドが出演。そして08年には満を持してMr.Childrenが初出場を果たし、大きな話題を集めた。翌09年にflumpool、レミオロメンが、10年にはHYが初登場。震災のあった11年、被災地・福島ゆかりのアーティストで結成した猪苗代湖ズがバンド枠におさまった。そして昨年はというと、再結成を果たしたプリンセス プリンセス、朝ドラ『純と愛』の主題歌を担当したHY、大ブレイクを果たしたネタものバンド、ゴールデンボンバーらが出演した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版