>  >  >  > ルー・リードの名曲に耳を傾ける

さようならルー・リード 名曲「Stephanie Says」に改めて耳を傾ける

関連タグ
PVピックアップ
ロック
洋楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

The Velvet Underground「Stephanie Says」

 ニューヨークの伝説的ロックシンガー、ルー・リードが肝疾患のため亡くなった。今年5月に肝臓移植手術を行ったというニュースがあったが、順調に回復しているとも報じられていただけに残念である。

 彼の功績は多岐に渡るが、ロックンロールの世界に60年代初期のポップソングのエッセンスを持ち込んだこともその一つだ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンド以前は、サーフィンソングを得意とする職業作曲家でもあったルー・リード。彼の楽曲では「Stephanie Says」(1968年)がそうであるように、通俗ギリギリの甘いメロディラインが、文学的な歌世界にポップな色彩を添えていることが多かった。

 同曲や「I Love You」「Ride into the Sun」「My House」といった静かな名曲群に耳を傾けながら、ルー・リードの魂の平安を祈りたい。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版