>  >  > 椎名林檎と茂木健一郎、お宝対談発掘

椎名林檎と茂木健一郎のお宝対談が再放送 「作品と本人のギャップ」について議論を繰り広げる

関連タグ
椎名林檎
ジャズ
プロフェッショナル
ロック
実況
対談
茂木健一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月29日、深夜24:15よりNHK BSプレミアムにて『椎名林檎お宝ショウ@NHK』が放送された。同番組は約6年前、2007年3月に放送された椎名林檎の特別番組の再放送で、アルバム『平成風俗』でタッグを組んだ斎藤ネコによるビッグバンドとともに「歌舞伎町の女王」や「罪と罰」、「迷彩」「錯乱」といった曲を披露するというもの。また、番組内では椎名がNHKの人気ドキュメンタリー『プロフェッショナル 仕事の流儀』のスタジオを訪れ、脳科学者の茂木健一郎と対談。茂木はテレビ出演の機会が増加し、人気が高まっていた時期で、トレードマークのヘアスタイルは現在よりも黒々としていた。椎名はモードな黒髪ショートに、ワンショルダーのドレスという衣装で、透明感のある肌が印象的。対談では、椎名がプロのミュージシャンとしてどのような意識を持っているかに迫った。

 茂木はまず、鮮烈なイメージでデビューした椎名に対し「ファンのひとと自分の中でイメージにズレが生じることはなかった?」と質問。椎名は「もう、ずっとズレっぱなしです。セカンドアルバムくらいまでは高校時代に書いた曲ばかりだったので」と、デビューの時点で、楽曲と自分との間にギャップが生じていたこと、ファンが持つイメージと本来の自分が異なっていたことを話した。

 茂木がそれに対し「僕はクリエイターには二種類の可能性があると思っていて、ひとつはそのひとが実際に作品の世界観に近いところにいたという可能性。もうひとつは純粋にイマジネーションとしてああいうものを書いたという可能性」と言うと、椎名は「歌詞だけを言えば非常に精緻な空想がベースになっていると思います。(中略)たとえば歌詞では歌舞伎町とか言っていますが、実際には当時、その土地を見たことがなかったり……」と、椎名の詞世界がイメージで作られていることを明かした。

 茂木は「やっぱり! 僕はクリエイターを理解するとき“ギャップ理論”というものを考えているんですが、クリエイターはしばしば、作ったものと本人がすごく乖離しているケースがあって、しかもそういう人に限って本物のクリエイターだったりするんですよ」と力説、椎名はその褒め言葉に照れ笑いを浮かべた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版