>  >  > きゃりーぱみゅぱみゅの新曲が名曲すぎる

きゃりーぱみゅぱみゅの音楽はなぜ切ない? 新曲『もったいないとらんど』を徹底解説

関連タグ
きゃりーぱみゅぱみゅ
Perfume
CAPSULE
J-POP
MUSICA
エレクトロニカ
中田ヤスタカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きゃりーぱみゅぱみゅ『もったいないとらんど』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 先日、それなりに名の知られている評論家による「きゃりーぱみゅぱみゅで一番クオリティが低い部分って音楽だよね」というツイートをたまたま目にして、心底面食らってしまった。要するに、きゃりーのあのキャラクターやコンセプトやビジュアルやパフォーマンスに対しては“時代のアイコン”として一定の評価をしつつも、それらのクオリティに音楽が追いついてないということが言いたかったのだろう。

 確かに、同じ中田ヤスタカ仕事の中でも、新作『CAPS LOCK』でますます我が道を突っ走っているCAPSULEの作品や、アルバムごとに確実に音楽的な進化が刻まれてきたPerfumeの作品に比べると、きゃりーの作品はとりわけエレクトロニカ的な文脈においては、わかりやすい先鋭性に欠けているかもしれない(自分はそう思わないけど)。中田ヤスタカ・ファンの一部でも、きゃりーの作品が軽んじられている傾向を感じることもある。

 一方で、最近は同業者のミュージシャンからきゃりーの音楽を賞賛する声を耳にすることも多くなってきた。メディアにも載った一例を挙げると、くるりの岸田繁は2012年のベストソングの一つに『ファッションモンスター』を挙げていて、最近もインタビューの中で「『ふりそでーしょん』を聴くと(中略)凄い元気になるし、毎回泣きそうになる」(MUSICA 2013年11月号)と語っていた。

 「元気になる」と同時に「泣きそうになる」。まさに、自分がこれまできゃりーの音楽に心を動かされてきた理由もそこにある。そして、自分は何の迷いもなくこう言える。「きゃりーぱみゅぱみゅの表現活動はすべてにおいてクオリティが高いけど、その中でも一番クオリティが高い部分って、なんだかんだ言ってその音楽だよね」。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版