>  >  > 田中聖と櫻井翔のラップを専門家が分析

田中聖と櫻井翔、「ラッパーとしてどっちが上?」議論が再燃 ヒップホップ専門家はどう評価するか

関連タグ
KAT-TUN
HIP HOP JOURNAL
HIPHOP
ラップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131018johnnys.jpg

 元KAT-TUN、田中聖の契約解除騒動の余波が続いている。契約解除自体の是非を問う議論のほかに、ファンの間ではネット中心に、これまで何度も語られた「田中聖との櫻井翔ではどちらがラッパーとして優れていたのか」という議論が再熱している模様だ。

 そもそも田中と櫻井は、ラッパーとしてどんな個性を持っているのか。ヒップホップ専門のWebサイト、HIP HOP JOURNAL編集部に話を訊いた。

「田中さんは日本語ラップへの志向が感じられます。小節ごとに区切って韻を踏んだりといった、ヒップホップらしいライミングがあるのは、DABOやZeebraといったラッパーの影響でしょう。フリースタイルなどを見ても、ヒップホップの楽しみ方を知っているな、という印象です。フロウやライムに新奇性があるわけではないですが、ちゃんとラップをやっている姿勢は、ヒップホップ好きには好印象に映るのではないでしょうか」

 一方、櫻井のラップにはまた違った魅力があるという。

「櫻井さんのラップは、かなり言葉を詰めている感じですね。それゆえ、普通の早口言葉みたいになっている部分もあります。しかし、キャスターをやっているからでしょうか、口回りが良く、聴き取りやすいラップです。一曲でインパクトを与えるようなラップではないかもしれませんが、Dragon Ashのようなメジャーシーンのラップが好きな人にとっては、親しみやすいかと思います」

 櫻井は時折、楽曲の中で「アイドルがどれほどのもんか見せてやるよ!」といった戦闘的な姿勢を見せることもある(参照)。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版