>  >  > 『Mステ』出演陣がカオスすぎる

NMB48、関ジャニ∞、KISSが『Mステ』で共演 カオスすぎる出演陣にKISS「アメージング!」と歓喜

関連タグ
NMB48
E-girls
斉藤和義
KISS
J-POP
アイドル
ミュージックステーション
ロック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月18日のミュージックステーションに、NMB48、E-girls、関ジャニ∞、斉藤和義のほか、海外からは大物ゲストとして結成40周年を迎えたKISS、世界中から注目を集める若手バンドのTHE STRYPESが登場した。NMB48とE-girlsはMステ初登場となるうえ、今回からはテレビ朝日のアナウンサー、弘中綾香アナが新サブMCを務めることになり、見どころの多い回となった。

 冒頭、E-girlsが謝罪をテーマにした楽曲「ごめんなさいのKissing You」を披露したあとは、現在「カモネギックス」で注目を集めるNMB48を中心としたトークコーナーに。タモリからNMB48 のセールスポイントを訊かれると、キャプテンの山本彩は「アイドルなんですけど、所属事務所が吉本っていうことで結構、芸人さんたちと仕事をすることが多くって、私たち自身も新喜劇とか、自分たちでネタを作って漫才をやったりとか……」と、お笑いにも強いことをアピールした。同じく関西出身の関ジャニ∞も、関西出身というだけで小道具に「たこ焼き」が頻出することに触れ、横山裕は「取材の時、たこ焼き持たされますね。(結成11年も経つけど)最近でもありますね」と語った。

 NMB48、関ジャニ∞が続けて歌を披露した後は、KISSがトークコーナーに。タモリに7年ぶりの日本でどこへ行ったかを尋ねられると、ポール・スタンレーは「今日、渋谷のスクランブル交差点を歩いた。ファンの人にたくさん出会い、会う人みんなに『あなたは最高』と伝えた」と、ファンにサプライズを与えたことを明かした。日本では何を食べるのか、という質問に対しては、「スシ、エビ、ウナギ、サシミ、コウベ・ビーフ」と、海外ゲストらしい回答で、場を和ませた。斉藤和義は「KISSは小学生の時に出てきて、衝撃を受けて、ほうきをギターにしてマネをした」と、その影響を語った。ステージでは代表曲である「ラヴィン・ユー・ベイビー」を披露。貫録のパフォーマンスに会場が沸いた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版