>  >  > 嵐の新アルバムが妙にエロい理由

嵐・松本潤の“下ネタ解禁”は伏線だった? 最新作『LOVE』で見えた、三十路エロス路線

関連タグ
しゃべくり007
とくダネ!
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 の通算12枚目となるNEWアルバム『LOVE』が10月23日に発売された。タイトル通り“LOVE”がテーマになっている本作には、ソロ曲を中心にメンバーそれぞれの“今”も垣間見える。

 かつては、癒し系キャラが定着していたリーダーの大野智だが、最近ではチャリティー番組『24時間テレビ』で個性的なイラストのTシャツをデザインするなど、芸術家肌な面をアピール。今回のアルバムではソロパートが長くなり、持ち前の歌唱力も存分に発揮している。ソロ曲「Hit the floor」には、「こっちへおいで」と女性を大人の世界へと誘う歌詞もあり、「今までのソロ曲と全然ちがう」と昂ぶりを覚えるファンも少なくない。最近の大野は癒やしだけではなく、1人の“オトコとしての魅力”が充満しているのだ。

 大野のことを、まるで保護者のように世話しているのは櫻井翔だ。ファンの間でふたりは“お山”(嵐という字の上にある山を、年上の2人に例えた呼び名)と慕われ、その友情に萌える女性も多い。そんな櫻井のソロ曲は「sugar and salt」。直訳「砂糖と塩」を略せば“さとし”になるということで、「これは大野へのラブソングでは?」、「智に砂糖(甘い囁き)と塩(刺激)を与えてやるってこと?」と一部のファンが沸いている。

 嵐のツッコミ担当といえば、二宮和也。演技派、ドS番長、ツッコミ役…とクールな印象があったが、最近ではコントに挑戦するなど親しみやすいキャラを築いている。“LOVE”がテーマと聞き、もっとも色気のあるニノがどのような愛を歌うのかと期待されたが、ソロ曲「20825日目の曲」では、家族への素直な愛情を告白。先が読めない展開に、ファンは翻弄されっぱなしだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版