>  >  > K−POPグループに揉め事が多いワケ

KARAメンバー脱退で改めて注目 なぜK−POPグループには揉め事が多い?

関連タグ
KARA
東方神起
Wonder Girls
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の人気女性5人グループKARAが10月4日、一部メディアの解散報道を公式ホームページで否定した。一方で、ニコルが来年1月で脱退することを発表。大学生のジヨンは来年4月、所属事務所との契約終了時点で脱退するかを決めるという。また、ギュリ、ハラ、スンヨンの3人はKARAとして活動を継続することを表明した。

 KARAのメンバーは2011年1月にも分裂騒動を起こしている。正当な利益を受け取っていないとして、スンヨン、ニコル、ジヨンの3人が所属事務所に専属契約解除を通知、訴訟にまで発展した。韓国メディアによると、受け取った報酬が1人当たり月14万ウォン(約1万円)ということもあったという。今回、脱退を決めたニコルは当時、韓国のレギュラー番組『豪快ガールズ』を途中降板しており、事務所との確執はメンバーの中で最も根深かったと言われている。

 K-POPのメンバー脱退騒動は、他にも絶えない。東方神起、T-ARAのケースに加え、2013年8月には、K-POPアイドルグループの火付け役Wonder Girlsにも、メンバーのソネの結婚にともなう解散説が流れた。

 なぜK-POPのアイドルグループにはこうも解散や分裂の問題が付きまとうのか。K-POPに 詳しい韓流雑誌編集者に尋ねてみた。

      

「KARAメンバー脱退で改めて注目 なぜK−POPグループには揉め事が多い?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版