>  >  > avexにアイドルシーンの縮図アリ!?

エドボルのアイドル深読みリサーチ

エイベックスのアイドル戦略着々 iDOL Streetは現シーンの縮図的ラインナップに

関連タグ
Cheeky Parade
Dorothy Little Happy
アイドリング!!!
SUPER☆GiRLS
BiS
SKE48
AKB48
avex
iDOL Street
アイドル
アイドル収穫祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 R&B/ダンス・ミュージックを主軸にしていたavexがここ数年、アイドルシーンにも力を入れているのは周知の事実だが、最近はとくに活発な動きが目立つ。中でも注目したいのは、avexのアイドル専門レーベルであり、プロジェクトでもあるiDOL Streetだ。2013年10月14日に東京・日本青年館にて行われたiDOL Streetのファン感謝祭フェス『アイドル収穫祭 〜iDOL Street EXPO 2013〜』では、iDOL Street第3弾グループであるGEMが、2014年1月1日にメジャーデビューすることが発表された。

 GEMは、全国各地で活動するiDOL Streetのメジャーデビュー候補生「ストリート生」の中から選抜されたメンバーで結成。iDOL Streetの第1弾グループであるSUPER☆GiRLSが、アイドルポップとしてブレイクした時期のモーニング娘。を意識し、第2弾グループ であるCheeky Paradeが、激しい楽曲と全力ダンスでももいろクローバーZ的なアプローチをしているのに対し、GEMは、ダンスアンドボーカルというavexの保守本流的なパフォーマンススタイルで勝負している。iDOLStreetというプロジェクトが軌道に乗ってきた今だからこそ送り出せる、avexとしても満を持したアイドルグループといえよう。

 そんなGEMだが、先輩グループのCheekyParadeにとってはどう映っているのだろう。CheekyParadeは、SUPER☆GiRLSに落選したメンバーたちが集まり、iDOLStreetのストリート生システムを一から作って、ノルマ制のCD販売や、新宿BLAZEを満員にするなどの試練を乗り越えて、やっとの思いでメジャー デビューを掴みとったグループ。同日は、11月27日に発売されるCheeky Paradeのファーストアルバム『Cheeky Parade I』から、これまでの活動の集大成的な楽曲である「チェケラ」が初披露されたところだった。「チェケラ」は、「C.P.U!?」などのチップチューン的アレンジと、「BUNBUN NINE9'」「チーキードリーマー」などで使われたダブ・ステップ的ビート、そして「無限大少女∀」の疾走感を併せ持った、Cheeky Paradeにとっての最高到達点。この楽曲でスタイルを確立したかに見える彼女たちだが、今後、GEMの存在がその方向性に影響を与える可能性もあるだろう。メジャーデビューが決まった後輩グループに、対抗意識を燃やすこともあるかもしれない。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版