>  >  > 音楽トピックスで振り返る『いいとも』

AKB48、坂本龍一、SMAP、 ローリーも……『いいとも』を音楽エピソードで振り返る

関連タグ
AKB48
SMAP
大友良英
坂本龍一
山下洋輔
和田アキ子
藤井フミヤ
あまちゃん
友達の輪
笑っていいとも!
野々村真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月22日 放送の『笑っていいとも!』で、番組が残り5ヵ月で終了することが発表された。32年間続いた同番組では、幾多のゲストが出演し、さまざまなエピソードを残してきた。

 ミュージシャンの出演者も多く、現在の基準から見ると驚くべき出来事も起こっている。『笑っていいとも!』の、音楽・ミュージシャンにまつわるエピソードを振り返りたい。

最多出演はあのミュージシャン

 名物コーナー「テレフォンショッキング」の出演回数は、和田アキ子と浅野ゆう子が21回で最多。続いて藤井フミヤが20回、陣内孝則が19回、竹中直人が18回。ミュージシャンの出演が多いコーナーだった。

自己紹介だけで終わった国民的アイドル

 2009年11月には、AKB48がゲスト人数史上最多の33人で出演。全員の自己紹介だけで出番を終えるという珍事となった。

名物ロッカーの過激なパフォーマンスが問題に

 1993年10月から1994年3月まで、木曜日のレギュラーを務めていた元すかんちのローリー(当時の芸名はローリー寺西)は、「奥さん、 お宅の娘さん、今セ◯◯スしてますよ!」「奥さん、お宅の台所の米、腐ってるよ!」などの 過激な発言を繰り返し、毎日苦情の電話が殺到していたという。一部の視聴者からは支持を得ていたが、婦人からの評判は総じてあまり良くはなかったようだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版