>  >  > ももクロ、セーラームーンでファン衝突!?

ももクロのセーラームーン舞台生出演で観客席がカオスに モノノフと原作ファンが火花散らす!?

関連タグ
ももいろクローバーZ
大和悠河
宝塚
美少女戦士セーラームーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京渋谷のAiiA Theater Tokyoにて上演中のミュージカル「美少女戦士セーラームーン-La Reconquista-」に9月21日、ミュージカル主題歌『ムーンライト伝説』を担当しているももいろクローバーZがサプライズ出演。観客席の反応が大盛り上がりとは言い難い状況だったことから、ファンの間で議論を呼んでいる。

 ももクロのメンバーは通常、毎日日替わりで劇中の映像に出演。舞台のメンバーにアドバイスをするという役どころだったが、今回はゲストとして全メンバーが生出演。劇の最後に主題歌の『ムーンライト伝説』を歌った。当日に告知されたことから、この演出を観るために、ももクロのファン、通称“モノノフ”がチケット入手に奔走。セーラームーンファン中心のいつもとは異なった客層となった。

 ネット上ではモノノフが「セラミュファンって客も演者と一緒に舞台を盛り上げていこうっつー意識薄い感じはしました」などと、ももクロのパフォーマンスに対する反応が少ないことに不満を漏らす一方、原作のファンは「ももクロちゃんのためにセラムンはおまけだと思ってるやつらが来るの悔しいから、ももクロちゃんいなくてよかった」と突っぱねるなど、対立の構図が生まれている模様だ。

 なぜファン同士にこのような軋轢が生じたのか。当日の公演を鑑賞したエンタメ系雑誌の編集者に、会場の様子を尋ねてみるとともに、軋轢が生じた原因を尋ねてみた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版