>  >  > 夏フェスが台風で中止になると……

夏フェスで大雨が降ってもイベント会社が潰れないワケ

関連タグ
氣志團
AKB48
SUNSHINE IDOLIZED FES' 2013
夏フェス
氣志團万博2013
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月14日 から16日にかけての3連休は、各地で多くのライブやフェスが予定されていた。しかし、台風18号の影響で荒天となり、公演スケジュールに変更が生じたり、中止を余儀なくされたイベントもあったようだ。

 9月14日~15日 に千葉県袖ケ浦海浜公園で行われた『氣志團万博2013』は、2日目の序盤、どしゃ降りとなり会場の地面が泥だらけに。公式サイトでは「台風や局地的な大雨や落雷などの荒天の為、一時中断や中止となる場合もございます」とのアナウンスがあったが、天候トラブルも野外イベントの“醍醐味”として楽しむオーディエンスも多く、最後まで無事に行われた。

 一方で、9月15日に東京・晴海客船ターミナル特設ステージでの開催が予定されていた『SUNSHINE IDOLIZED FES' 2013』は、荒天のため急遽中止に。イベントの公式ツイッター・アカウントによると、「会場の立地条件、また参加者の皆さまの安全を考慮して、 公演中止することに決定致しました」とのことで、海沿いという立地もイベント中止の要因となったようだ。また、チケット代に関しては「払戻しの詳細については現在調整中のため、決定次第、オフィシャルホームページ、各プレイガイドより改めてご連絡いたします」とアナウンスされている。

 AKB48の渡辺麻友は16日、 さいたま市の大宮ソニックシティでソロ曲「ラッパ練習中」の発売記念ライブを昼夜2回行ったが、台風18号の影響で午後3時からの昼公演の開始時間を1時間遅らせることに。交通期間の乱れに考慮した形で、これにより5000人の観客は、ほとんどライブ開始に遅れることはなかった。

 このように天候の影響を大きく受ける野外イベントだが、中止となった場合は観客だけではなく、主催者やアーティストも予定変更を余儀なくされ、場合によっては大きな損失が発生することもあるかもしれない。では、このような事態に備えて、イベントの主催者側はどのような対策をしているのか? 今回、雨天でのイベントを決行した『氣志團万博2013』の公演担当者に話を聞いてみた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版