>  >  >  > 藤原ヒロシは3.11に何を思った?

ニューアルバム間近の藤原ヒロシ 柔らかな歌声に乗せたメッセージとは?

関連タグ
藤原ヒロシ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原ヒロシ『この先に』(SMALLER RECORDINGS)

 本日のPVピックアップは、音楽プロデューサー、ファッションデザイナーとして活躍する藤原ヒロシが2012年にリリースしたシングル『この先に』。

 2011年、東日本大震災の後に発表されたこの楽曲は、「黒い雨に振られたこの街にも~」という歌詞からもわかるように、原発事故以降の日本の状況に対する藤原ヒロシの心情が垣間見れる。シリアスな歌詞に重なる、穏やかで柔らかい曲調も印象的だ。

 10月16日に発売されるニューアルバム『manners』には、この楽曲の別バージョンが収録される。音楽シーンにおいてはプロデュース・ ワークが注目されてきた藤原ヒロシだが、本アルバムでは自ら作詞・作曲し、全曲でボーカルを務めている。

 リアルサウンドでは近日、藤原ヒロシのインタビュー記事を公開予定。藤原ヒロシの作詞の方法論から、今、彼がナマの歌に向かっている理由までじっくりと話を聞いている。
(文=編集部)

「ニューアルバム間近の藤原ヒロシ 柔らかな歌声に乗せたメッセージとは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版