>  >  > 松田聖子と黒柳徹子の33年の交流史

松田聖子と黒柳徹子の交流33年! 『徹子の部屋』で出会いから親子関係まで語る

関連タグ
松田聖子
神田沙也加
あまちゃん
アイドル
徹子の部屋
黒柳徹子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨夜、9月25日に放送された『出張!徹子の部屋パート6 夢トーク豪華4本勝負 お宝映像も大放出スペシャル』(テレビ朝日系)に、福山雅治、松田聖子らが出演した。すでにリアルサウンドに掲載した「福山雅治が『徹子の部屋』に出演 ノーパンでコンサートを行うワケを語る」という記事では、福山雅治にスポットを当てたが、今回は松田聖子のパートを追ってみたい。

 黒柳徹子は、来年でデビュー35周年を迎える松田聖子への祝いの意を込めて、1988年にオープンした松田聖子のタレントショップ「Flowless Seiko」を訪問。店舗内に特設されたセットでトークが始まった。

 話題はまず、今年で27歳になる松田聖子の娘、神田沙也加のことから。黒柳徹子が「御嬢さんっていうより、兄弟(姉妹)みたいに思われない?」と尋ねると、松田聖子は「近い感じはします」としつつ、「最近は彼女の方がしっかりしていて、私がいろいろ教えて貰ったりとか……なんでもよく知っている」と、親子関係を語った。

 かつての秘蔵映像を鑑賞するコーナーでは、松田聖子のヒット曲の数々を紹介。1980年の「青い珊瑚礁」、1981年の「風立ちぬ」、1982年の「赤いスイートピー」など、活動初期にテレビで放送された映像が流れ、松田聖子は眼を細めてそれを鑑賞した。黒柳徹子に感想を聞かれると、「とても恥ずかしいです。見てられないですね」と、照れ笑いを浮かべた。黒柳徹子が、『ザ・ベストテン』に初めて松田聖子が登場した時のことを「あなた、飛行機から降りてきたでしょ? あの時びっくりしましたよね、あんなとこで歌っちゃって」と振り返ると、松田聖子は「飛行機に乗っている間中、ずっと緊張していました。どこまでも追いかけますっていう(当時の『ザ・ベストテン』の姿勢に対し)、本当に羽田空港で歌っていいんだって、すごく思いましたね」と、当時の驚きを語った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版