>  >  > 福山雅治、ノーパン演奏の理由を明かす

福山雅治が『徹子の部屋』に出演 ノーパンでコンサートを行うワケを語る

関連タグ
福山雅治
松田聖子
J-POP
徹子の部屋
黒柳徹子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、9月25日18時53分より放送された『出張!徹子の部屋パート6 夢トーク豪華4本勝負 お宝映像も大放出スペシャル』(テレビ朝日系)に、福山雅治、松田聖子らが出演した。

 番組は都内某レコーディングスタジオからスタート。福山が高校時代に皿洗いのアルバイトをして購入したというギターを含む、数々の楽器に司会の黒柳徹子は興味津々。福山が演奏するアコースティックギターに合わせ、黒柳が「アメイジング・グレイス」をハミングした後は、黒柳が福山に「色々な楽器があるんですけど、触ってみていただいても良いですか?」と、次々と楽器の演奏を“おねだり”。普段はなかなか観られない、福山のドラム演奏やベース演奏が披露された。

 トークは、レコーディングスタジオに特設したセットで開始。福山は、『徹子の部屋』に出演するのが芸能界デビューした時に掲げた3つの夢のひとつだったとして、「ひとつは『笑っていいとも!』のテレビショッキングにゲストとして呼んでもらうこと、ひとつは『オールナイトニッポン』に参加すること、そしてもうひとつは『徹子の部屋』に呼んでもらうっていうのが、僕の目標だったんですよ」と語ったが、黒柳は「何回も出て頂けないかとお願いしたにも関わらず、なんか、出て頂けないという話だった。(中略)だから、ずっとお待ちしていたんですよ」と、鋭いツッコミを入れた。

 幼少期の写真を披露するコーナーでは、音楽を始めたきっかけについて語った福山。「兄がブラスバンド部だったんですよ。年子だったんですけど、ちょうど中学に上がる時に実家が増築されて。(中略)で、兄貴が『もしブラスバンド部に入ってくれたら、新しくできた部屋をお前にやるから』って言われて、その条件で入ったんですよ」と、実兄の影響を振り返った。また、学生時代にモテたエピソードを尋ねられると、「僕はバカな子だったんで、(バレンタインに)袋とかを用意して行ってた。今年は相当来るなと思って」と語ったが、思いのほかチョコを貰えなかったというエピソードも明かした。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版