>  >  > 異端のフェス『夏の魔物』の面白さ

電撃BiS階段から中川翔子、初音ミクまで…なんでもアリだったフェス『夏の魔物』の新しさ

関連タグ
掟ポルシェ
神聖かまってちゃん
BiS
山口富士夫
でんぱ組.inc
Negicco
andymori
AOMORI ROCK FESTIVAL
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
フェス
初音ミク
夏の魔物
電撃ネットワーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 去る9月14日、青森県平内町にある夜越山スキー場特設ステージにて、ロックフェス『夏の魔物 AOMORI ROCK FESTIVAL '13』が行われた。

 2006年から開催されているこのフェスは、アマチュアバンドで活動していた成田大致(当時10代)が、地元青森県でロックフェスを開催したいと個人で立ち上げたという少し特殊なイベントだ。これまでも、ラフィンノーズ、怒髪天、ニューロティカ、ギターウルフ、といったベテランパンクバンドから、神聖かまってちゃん、在日ファンク、ザ50回転ズ、andymori、といった旬のバンド、頭脳警察、外道、山口富士夫、内田裕也といった大ベテランまで、個人フェスとは思えない豪華なラインナップで気にはなっていた。ところが、去年開催された『AOMORI ROCK FESTIVAL '12』では、でんぱ組.incBiS、アップアップガールズ(仮)、アリス十番、といったアイドルグループ、ダイノジ、掟ポルシェ、鹿野淳などによるDJプレイ、うしじまいい肉、吉田豪×杉作J太郎、加藤鷹などのトーク、そしてDDTプロレスリングによる試合など、さながらサブカルチャー見本市の様相を呈し始めてきた。その傾向は今年も変わらず、アイドル、DJ、トーク、プロレスはもちろん、中川翔子、桃井はるこ、影山ヒロノブといったアニソン歌手、さらにボカロ文化の象徴、初音ミクまでラインナップに名を連ねているではないか。これらすべてが大好物である俺は「さすがにこれはヤバイ」と感じ、現場を確かめるべく青森遠征を決意、チケットを購入したのだ。

 しかしタイムテーブルには驚かされた。スタートはなんと朝7時、そして俺的メインアクトの1つである非常階段3連発が7時半ではないか! 朝一の飛行機か新幹線で行けばいいかと思っていたのだが急遽前日入りを決定、予想外の出費だが遠方まで赴いてお目当てを見逃すなどありえない。前日の飛行機、ビジネスホテルホテル2泊、レンタカーをすぐさま予約した。

 さて、いよいよ当日だ。微妙に寝坊し朝6時半過ぎに青森のビジネスホテルを出発、小一時間ほどのドライブで会場の夜越山スキー場に到着だ。駐車場から会場に向かう時点ですでに爆音が聞こえてくる。恐らくDJダイノジだろうか、足早に通過し、場所的には一番奥になる「赤コーナー(ステージ名)」に向かう。時間は7時30分を少し過ぎている。

 ほどなくしてディストーションギターと電子音が聞こえてくる。うお! 初音階段だ!!! 初音階段は名前の通り非常階段と初音ミクのコラボ。ただし初音ミクはボーカロイドの電子音声だけではなく、ミクコスの美少女(シンガーソングライターの白波多カミン)がステージに立ち肉声でも歌っている。そこにJOJO広重のノイズギターとT.美川の電子音が加わるのだ。おもしろくないわけがない。やっている曲がまたいい。「YES-YES-YES(オフコース)」や「虹とスニーカーの頃(財津和夫)」といったニューミュージックの名曲たち。ともすれば単にベタベタしたものになりがちな素材だが、非常階段の二人が加わることで原曲の持つ情念の部分があからさまにされていく。すでに音源は耳にしていたが、この感覚は生で体験しないとわからなかったことだ。

 最終曲が終わると白波多カミンが手を振りながら退場し、代わりにボイスのJUNKOとドラムの岡野太が登場する。すると会場の雰囲気も「ミクちゃんかわいい!」モードから一気に引き締まり、本家非常階段の怒涛のノイズ攻撃がはじまる。JUNKOの耳をつんざく絶叫にフリーキーな岡野のドラムが追随し、JOJO&美川のノイズが爆発するスタイルは初音階段よりも遥かに殺伐としたものだが、観客も戸惑うことなくついていってるのが頼もしい。20分ほどのステージが終わると、戸川純の「好き好き大好き」をバックに白いセーラー服姿の美少女6人が登場、そう、BiS階段だ。だが、今回はそれだけではない、ついつい例のダンスをしてしまうおなじみのテーマが流れ、ツナギ姿のヤバそうな男たちがステージに乱入する。BiS階段に電撃ネットワークの面々が加わった電撃BiS階段のスタートだ。「PPCC」、「primal」、「nerve」 といったBiSの鉄板曲をベースにノイズが唸り、電撃ネットワークのエクストリームなパフォーマンスが繰り広げられる。BiSのメンバーはトイレットペーパーや生肉をまき散らしながら歌い踊り、客席は客席で研究員(BiSのファン)を手本に早朝から集まった猛者共が背面ケチャなどヲタ芸をぶちかます。まさにカオスと言うにふさわしい空間だった。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版