>  >  > あゆとカナ、新旧ギャルカリスマの今

石井恵梨子のチャート一刀両断!

西野カナと浜崎あゆみのジャケットに見る、新旧“ギャルのカリスマ”の今

関連タグ
アルバム
ランキング
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月16日~2013年09月22日のCDアルバム週間ランキング

1位:Eighth Wonder(AAA)
2位:Love Collection ~mint~(西野カナ)
3位:Love Collection ~pink~(西野カナ)
4位:ツマビクウタゴエ~KOBUKURO songs,acoustic guitar instrumentals~(小渕健太郎/コブクロ)
5位:小さな生き物(スピッツ)
6位:PASSAGE(宮野真守)
7位:ayumi hamasaki 15th Anniversary TOUR ~A BEST LIVE~(浜崎あゆみ)
8位:THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY-(THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+)
9位:THE SINGLES COLLECTION(FTISLAND)
10位:ドリーム・シアター(ドリーム・シアター)

 先週3位と4位だった西野カナのベストが、一段ずつランクアップしている今週のチャート。金髪+丸顔+やたらと大きな瞳、というルックスは10年ほど前の浜崎あゆみにそっくりなのだが、そのあゆ、デビュー15周年を迎えて7位に登場。売上も15000枚程度とかつての勢いは衰え、本人もギャルという年ではなくなり、今「ギャルの共感呼びまくり!」と言われる西野てめぇナメんなよ、みたいなジャケ。正直怖いです。

 そして、今さら驚きもないヒット曲満載のライブ・アルバムを今も発売直後に購入する約15000人のファンというのは、律儀というか義理堅いというか、一生あゆ命!と心に刻んでいる本気のヤンキーではないかと勝手に想像。流行りというだけで作品に飛びついてくれる10代ギャルが顧客ではなくなった今、生き残りたいなら気合いと仁義の道でしょう! そういう覚悟さえ感じるジャケット。10年後の西野カナはどんな顔になっているのだろうか。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版