>  >  > 楽曲派アイドルの新星Especiaの一撃

山口真木のアイドル辛口批評

「楽曲派」アイドルファンに告ぐ! Especiaの鮮烈な一撃を受け止めよ

関連タグ
アイドル
ミッドナイトConfusion
山口真木
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年、あるアイドル・フェスへ行ったとき、観客の中に「楽曲派」と大きく書かれたTシャツを着ている人を何人か見かけた。気になってTwitterで調べてみたが、「楽曲派」は特に強い政治的勢力を持つ大きなセクトという訳ではなく、アイロニカルなアイドル・ファンの青年たちがシャレで製作したネタTシャツだったようだ。

 私はそのフェスでいくつかの魅力的なグループを観て、それはそれで大変楽しかったのだが、同時に「今日はなんだか同じような曲をたくさん聴いたなぁ」という疲れもあって、アイドル・ポップスの品質について少しネガティブな気分だったので、そのTシャツにハッとした。おぉ、「楽曲派」か……。

 そもそもアイドル・ポップスを聴くときに、人々は何を求めているのだろう。可愛い女の子たちの姿を見たいというだけなら、そこに音楽は不要だ。写真集かDVDがあればいい。ライブは握手会か写メ会でいい。実際にほんの6年ほど前まで、「アイドル」といえば「グラビア・アイドル」のことだったではないか。「アイドル」=「グループで歌う女の子たち」というイメージが定着したのは、PerfumeAKB48がアイドル・ポップス復権の狼煙を上げた2007年以降のことだ。

 じゃあ「可愛い女の子たちが集団で歌っていればどんな曲でもいいのか」と考えると、やはりそこに一定のクオリティが求められる。ただ、私がアイドル・フェスで疲れてしまった原因は、いわゆる「アイドル・ソング」にデフォルトで装備されている約束事のダサさだった。その場で初めて聴く新曲でも「ミックス」と呼ばれる掛け声やメンバーの名前のコールを入れやすいように、構造が様式化している。イントロのコード進行で曲の展開が最後までだいたい読めてしまうことが多く、それはまるで演歌のように形骸化していて、どの曲も同じに聞こえる。「ヲタ芸派」であればそこが魅力なのだろうが、「楽曲派」には退屈だ。アイドル・ポップスには、どの程度高い音楽性と多様性が求められるべきなのか……。「楽曲派」という言葉に、私は深く考えさせられた。

 もちろん、楽曲のクオリティで高い評価を受けているアイドル・グループはたくさんある。

 東京女子流はいつも丁寧なアレンジのアッパーなファンクを聞かせていて、リリースのたびにそのサウンドの先鋭化が話題になる。新潟のローカル・アイドルだったNegiccoが全国区になったのは、地元のクリエイターconnieの絶妙なトラック・メイクによるところが大きい。2012年に「散開」してしまったTomato n' Pineこそ「楽曲派」の代表格で、唯一のアルバム『PS4U』は「ミュージック・マガジン」の年間ベスト(歌謡曲/Jポップ部門)1位に選出されたほどだ。新興勢力である「BELLRING少女ハート」は、プログレッシブ・ロックとエバーグリーンなガール・ポップの融合を図るかのような実験的な楽曲が魅力的だ。

 そんな中で、「楽曲派アイドル」の最高峰と呼ぶべきグループを紹介したい。大阪を本拠にしている、「Especia」(エスペシア)だ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版