>  >  > IT専門家が「AKB炎上問題」を語る

AKB48バイオリニストはなぜ炎上 その顛末をITジャーナリストが分析

関連タグ
AKB48
アイドル
ネット
炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130904akb.jpg

AKB48『恋するフォーチュンクッキー』(キングレコード)

 バイオリニストの宮崎司氏が9月3日、自身のツイッターで「今夜はTBSの『火曜曲!』に出演します!」とTV番組への出演報告を行った後、「生理的に受け付けないAKBの後ろで弾いちゃいます(笑)」と冗談交じりのツイートを行ったところ、批判が殺到し、ツイッターアカウントを閉鎖する事態になった。

 ツイッター上では「AKBファンの皆、こんなやついたぞ」「こいつ人間としてどうかと思う」「仕事相手の悪口は書いちゃダメだろ」といった批判が相次いだが、一方では「プロのミュージシャンとして好き嫌いを言うことも許されないのか?」「赤の他人だったらAKB48の悪口を言っても良くて、共演者ならダメっていうのがわからない」といった意見も散見された。

 AKB48に関連する話題では、ほかにも炎上する事例が絶えない。2012年12月には、ロックバンドRIZEのベーシストKenKenが、自身のツイッターで「不細工が基本のアイドルに 当てぶりが売りのバンド おれたちが本気で目指してるものがバカにされてるよねーホント」と最近のアイドルやバンドのあり方に対して発言。KenKenは名指しで批判をしておらず、フォロワーからの「これだれのこといってんの?」という質問にも、「別に誰の事でもなくそういうミュージシャン増えたなーってはなし。」と答えていたが、ネット上ではこの「不細工が基本のアイドルとはAKB48で、当てぶりが売りのバンドはゴールデンボンバーのこと」という推測が出回り、両グループのファンから苦情が殺到、炎上に繋がった。

 AKB48への批判や、誤解を生む冗談は、このようにネットで炎上するケースが少なくない。なぜこのような事態が後を絶えないのか、ネットの炎上問題に詳しいジャーナリストの井上トシユキ氏に話を聞いた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版