>  >  > 元SKE松下唯のアニオタ全開カバー集

元SKE松下唯がアニソンカバー集発売 そのアニオタぶりを振り返ってみる

関連タグ
松下唯
アイドル
アニソン
アニメ
カバーアルバム
コスプレ
学園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20130813matsushita_al_A_web.jpg

 元SKE48のメンバーで、現在はソロ活動をしている松下唯が、10月9日にアニソンのカバーアルバム『スクールガール・アンセム~学園アニソン集』を発売することが決定した。

 松下は足の怪我が原因で2011年9月にSKE48を卒業したが、翌年1月には地元・名古屋の芸能プロダクションであるverus entertainmentに所属。次第に活動の幅を拡げ、2013年の5月には徳間ジャパンコミュニケーションズよりソロデビュー、アイドルとして復帰を果たしている。

松下唯『Shooting Star』徳間ジャパンコミュニケーションズ

 松下は"アニオタアイドル"を自称するほどアニメが好きで、SKE時代には、SKE内でもっとも活発なサークルである二次元同好会の初代会長を務めたほど。Twitterでは「メインキャラを好きになることが多いけど、きんいろモザイクに関しては しの のお姉ちゃんが好き♡」「そして寝る前に神様のいない日曜日を見る!今期で1番好きかも!喜多村英梨さんのBirthがかっこよすぎるー♡大好き♡」などと、アニメに関する発言が多い。

 また、今回のアルバムに関しては、「小さい頃からアニメが大好きで、アニソンから好きになる作品も多かったんです。今までは将来の夢がアニソン歌手ってなかなか言い出せなかったんですが、このアルバムをきっかけにその夢に一歩近づくことができてとても嬉しいです!」とコメント。"学園もの"をテーマに、「Baby Sweet Berry Love 」(『変態王子と笑わない猫。』エンディングテーマ)、「Joint」(『灼眼のシャナII 』前期エンディングテーマ)、ピアニィ・ピンク (『CLAMP学園探偵団』オープニングテーマ)などをセレクトして歌っている。松下にとっても念願叶った一枚と言えそうだ。

 アルバムは、生産限定盤A、生産限定盤B、通常盤の3形態でのリリース。それぞれに異なるオリジナルの新曲が収録されるという。また、各ジャケットはそれぞれ、ブレザーやセーラー服など、学園モノのアニメをイメージした"コスプレ"姿が楽しめる仕様になっている。

 SKE48時代からのファンだけではなく、アニメファンにとっても嬉しい作品となりそうだ。

徳間ジャパンコミュニケーションズ
オフィシャルホームページ
松下唯オフィシャルブログ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版