>  >  > 西野カナとタモリが『いいとも』で激論

西野カナは“会えない”ことに憧れている? 『いいとも』でタモリが本人に問い質す

関連タグ
西野カナ
J-POP
テレビ出演
テレフォンショッキング
笑っていいとも!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デビュー5周年を記念したベストアルバムの発売を控える西野カナが27日、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに登場した。

 今月9日のミュージックステーションでも顔を合わせたばかりの2人。「痩せた?」「いえ、全然そんなことはないんですけど……」という気さくなトークからスタートしたコーナーだったが、西野が「タモリさんにお伺いしたいことがありまして」と切り出したことで状況は一変。「『いいとも』のディレクターさんから、タモリさんは『西野カナは会えないことに憧れている』とおっしゃっていると聞いたんですけど」と続けた西野に対し、タモリがそれを認めたことで、「西野カナは“会えない”ことに憧れているのではないか?」という議論が勃発した。下記に、その一部始終をお届けしよう。

タモリ:歌を聞いてると、「会えない」という歌詞がよく登場するけど、この時代、メールもあれば電話もあるし、新幹線も車もある。ね? 会おうと思えばいくらでも会えるのに、「会えない、会えない」と言い続けている。それが不思議で、「西野カナちゃんは会えないことに憧れているんじゃないか」と。

西野:憧れてるわけじゃないんですよ! メールがあっても電話があっても、会えて、生でその人を感じられることを超えるのは無理だと思うんです。どんなに時代が発展しても。

タモリ:今は男もすぐ会いに来るでしょう?

西野:いーやぁ! お互い忙しかったらどうですか? 例えば、すっごい遠距離恋愛とか。

タモリ:うーん。でも、そんなには多くないと思うよ。写メ撮って送ればいいじゃない。

西野:えー? でも、写真だったら、顔のデコボコとか分からないじゃないですか。

タモリ:そのうち、写真を撮れば顔のデコボコまで再現する技術ができるかもしれないよ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版