>  >  > ももクロの次の一手は「解散」!?

放送作家エドボルが語る「アイドルシーン見取り図」(中編)

ももクロの次のテーマは「解散」!? 頂点をきわめたグループの行方を占う

関連タグ
ももいろクローバーZ
AKB48
NMB48
乃木坂46
J-POP
ご当地アイドル
アイドル
エドボル
ライブ
放送作家
東京ドーム
総選挙
音楽シーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モーニング娘。に憧れて育った新世代が、アイドルとして影響力を持ち始めたことで、ハロプロ再評価につながった――。アイドル番組の構成を担当する放送作家エドボル氏が、現在のアイドルシーンを語る集中連載第2回では、ハロプロの再評価を生んだトップグループ・AKB48と、「AKB48になかった全力性」(エドボル氏)でシーンを勝ち抜いた、ももいろクローバーZを取り上げる。彼女たちは今後、どんな道をたどっていくのだろうか?

第一回:「モー娘。再評価の構造は、ビートルズ再評価と同じ」若いアイドルファンがハロプロにハマる理由

 AKB48については、一部では「すでにガラパゴス化しているのではないか」との見方もある。6月に日産スタジアムで行われた「第5回選抜総選挙」が"シラけ選挙"と報じられるなど、AKBブームの終焉を語る声は尽きないが、実際のところはどうなのか。エドボル氏は、「AKB48 のファン以外が楽しみにくい方向に進んでいるのは事実だと思う」としつつ、本当のガラパゴスになるのはまだまだ先だと見る。

「単純にファンそのものの絶対数があまりに大きいので、辺境を意味するガラパゴスと表現することはできません。また、都市圏と地方ではアイドルブームに3年ほどのタイムラグがある。実際、地方に関しては地域によっては、最近やっとモーニング娘。からAKB48にトップアイドルの認識が移行している......というところもあるんです。今年の夏のAKBの東京ドーム公演のチケットが売れ残っている、なんてことも話題になりましたが、4大ドームツアーでは空席があっても、47都道府県を回るホールツアーはチケット入手困難な状況が続いています。それは姉妹ユニットのNMB48や公式ライバルの乃木坂46に関しても同様な状況です。

 東京ドームのチケットの売り上げ不振の背景にあるのは、8月のツアーに関しては完全個人照合で、チケットを転売できない仕組みにしたこと。一般のプレイガイドで通常の形では売っていないので、ファンでなければ購入するのが難しいものになりました。チケット価格の値上げも、現段階で完売していない理由でしょう」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版